ワンタックルでアジング&メバリング 『リアル二刀流釣り』は成立する?

ワンタックルでアジング&メバリング 『リアル二刀流釣り』は成立する?

アジとメバルがいる大阪南港の冬。ライトゲームアングラーには至福の海だ。そこで今回は二種狙った。リアル二刀流、アジングロッドでばしっとしとめた釣行をレポートする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

釣行日は12月16日、夕方、中潮回りの大阪南港。アジングメインでずっと釣っているのだが、満月回りにややアジが鈍っていることもあり、少しメバルも見てみようかと色気を出した。

タックルはアジングロッド5.7ftに1000番スピニング、ラインはエステル0.25号。リーダーは簡易ノットで3lb40cmから開始した。下げ潮になりきる前、19時ごろからメバルをスタートするイメージで釣っていく。

ワンタックルでアジング&メバリング 『リアル二刀流釣り』は成立する?当日のアジングタックル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジは入りきっているのはわかっているのだが、満月回りで露骨に群れが散っている。しかもサイズが大きくないのであっちこっちで小さなアタリが出てしまい、釣りきるまで迷ってしまった。

連日のパターンがかわる

ここ最近大阪南港のアジのパターンだった、ボトム周りの偏食がない。見えアジがうろちょろしているせいで、なんか嫌な感じに気が散ってしまうのだが、パターンがかわったのだったら最初から探り直しということで、1尾だけボトムでキャッチして後は常套テクのレンジキープで表層から見ていく。

ワンタックルでアジング&メバリング 『リアル二刀流釣り』は成立する?豆アジキャッチ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

中層くらいで1.5gのヘッド、ファストなフォールに食ってくるのがわかったが、つかむまでになかなか時間がかかった。ワームカラーはソリッドがお好みのようで、私があまり先手を打って使わないものなので、少しタイムロスした。

セイゴをキャッチ

遠方の表層というパターンが出始めて、セイゴをキャッチしてから、アジングはここまでに。タックルは同じで、同じ釣り人が、また違う魚種を狙うことになる。二刀流だ。

ワンタックルでアジング&メバリング 『リアル二刀流釣り』は成立する?セイゴキャッチ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

設定はほぼすべてかわらず、唯一リーダーだけ60cmくらいと長めに取り直した。キワだけを釣るので、大型やチヌがきたときの保険。エステルラインでは強引な勝負ができない。うまいこと根に潜られないようロッドワークしながら、上げてくるしかない。

しかしこの日のメバルは渋かった。ほぼワンポイントで幼メバルをバラしてしまってからプレッシャーがかかり、リトリーブではまったく食わなくなった。潮止まりの20時。今日は二刀流しきれないか?いやあきらめない。

次のページで待望のメバル登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。