伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「グルテンセットの極意」。ウドンセット全盛の時代に、今一度この釣りを見直してみよう。今回は静岡県伊豆市にある早霧湖での実釣編。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

早霧湖で実釣

12月21日(火)に釣行した。天候は晴れ。水位は満水から約30cm減。エン堤工事がほぼ完了し、湧き水のおかげもあってか短期間で平水近くまで戻った同湖。絶好調の舟釣りも視野にいれたが、当日は西の強風予報だったので桟橋釣りに切り替えた。

「底釣りがいい。まだまだダンゴを追うかも」などの情報を仕入れて、桟橋入口付近の本湖向きに釣り座を構えた伊藤。

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第1回】タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

「今の水位なら21尺竿でピッタリだよ」とのアドバイスどおり、まさにチョウチンギリギリで底ダテゴムが着底した。エサはグルテンセット。タックルとエサは図を参照。

難しい底にアプローチ

7時半に第1投。前後左右の傾斜がきついので、マージンをとるためタナはトンボから3cmズラシ。前後はもちろん右に打てばナジまず、左に打ち過ぎると大きく深ナジミしてしまう難しい底だ。

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第1回】早霧湖概況(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

まずは寄せるために両ダンゴで打つ。今回の上エサは、バラケとはほど遠いダンゴ仕様。開きは重視せず、底に塊のまま残るイメージ。もちろん下エサのグルテンを食わせるつもりのようだが、こだわりはない様子。

エサは軟らかめに調整

肝心の下エサは、ニンニク臭が強烈な『グルテン1』。同エサはやはり臭いが強く重さもあるので、今回のように水深がある底釣りにはもってこいだろう。魚が寄りきってしまえば両グルテンに切り替えればいい。

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第1回】グルテンの水量は軟らかめで(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

始めは分包に書かれている標準水量で作るも、硬すぎたので手水で軟らかくした。これがけっこうよかったので、2ボウル目は軟らかめに作り、固まりかける前に指先で軽くほぐす。

次のページでイレパク状態に突入!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。