船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?

2~3mの浅場から1000mを超える深海、10cm前後の小物から100kgを超える大物まで。様々なポイントで多岐にわたる魚種を狙うことができる船釣り。そんな船釣りの「注意すべきコト」について整理してみます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

船釣り エサ釣り

船釣りの魅力

海ならどこでも魚が釣れるわけではありません。魚はいい根周りの上に居着いついています。そんなポイントの真上に、その道のプロにエスコートしてもらえるのが船釣りの最大の魅力。

ターゲットは近所のスーパーなどで見かけるものから、百貨店にてウン十万で売られているような高級魚、お店ではまずお目にかかれないような激レアな魚と様々。もちろん陸からでも魅力的な魚は狙えますが、同じ魚種を船で釣るとしたら、より良型、そして数釣りが見込めます。

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?高級魚の代表格・キンメも数釣りが可能(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

多くの釣り船宿では竿やリールといった道具のレンタル品が充実し、仕掛けの販売、エサや氷も乗船料に組み込まれていることがほとんど。クーラーボックス1つでOKの船宿も多くあります。

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?お昼ご飯付きの船宿も(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

もちろん予約すれば釣り座は確保され、予定が立てやすい点も安心材料。せっかく釣りにきたのに場所がない、なんてことはありません。以上のことから、船釣りは意外と受け身でOK。陸っぱりよりも実は初心者向けだったりします。

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?フグも船宿にて下処理してくれます(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

注意すべき10のコト

陸っぱりでの釣りと比べてしまうと、正に至れり尽くせりの船釣りなのですが、注意すべきコトも多々。簡単にまとめてみます。

1、現金払い

当たり前ですが、釣り船に乗るには乗船料がかかります。そしてその支払い方法は、ほぼ100%現金払い。ごく一部の釣り船でカード決済が可能と聞いたことはありますが、私はかれこれ20年近く、70を超える船宿にお世話になってきましたが、カード決済は未だ経験がなく、これから先も出逢う雰囲気が全くありません。釣り船に乗る際は必ず現金を用意しましょう。

2、船酔いのリスク

これが理由で船釣りを敬遠している釣り人は多いはず。以前、船酔いを理由に磯釣りにのめりこんだ方は、沖磯へ渡してもらうたった10分程度の乗船も苦痛とのことでした。船での一時は、気持ちのいい非日常を味わうことができる反面、こういったリスクとも隣り合わせです。

3、乗合船と仕立て船

大半の釣り船は乗合船と呼ばれる、その名の通り乗合で楽しむ釣り船。もちろん一人でも乗船OKですし、さほど予約が埋まっていなければ大勢で乗っても構いません。

対して仕立て船と呼ばれる、釣り船一隻貸し切りタイプも存在します。普段乗合で出してくれる釣り船も、スケジュールによっては仕立ての日もあったり、そもそも仕立て専門の釣り船も存在したりします。

ベテランの幹事さんがいれば話は別なのですが、初心者がいきなり仕立てる、はちょっと敷居が高いかもしれないので、初めのうちはまず乗合船に乗ってみることをおすすめします。

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?乗合船と仕立て船(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

4、必ず釣れるとは限らない

釣りは自然相手のレジャー。その道のプロが魚探を使ってポイントまで案内してくれても、釣れないことももちろんあります。操舵室から船長のぼやきや、海上無線で他の船長のぼやきが聞こえてきたら要注意。

5、自前で揃えると道具が高額

陸っぱりの釣りも、突き詰めていけばそれこそ道具に掛けるお金は無限にかかってしまいますが、船釣りはその遥か先を行きます。

代表的な例は電動リール。特にキンメやメヌケ、アブラボウズといった深海の高級魚を狙うタックルに関しては、リールだけで20万以上、タックルを全て揃えるとなると、余裕で30万以上かかってしまうほど。乗船料金もそれに合わせて高額となり、その船の駐車場にはドイツ製の高級車がズラリと並んでいたりします。

船釣りデビュー時に注意すべき10のコト 陸っぱり経験者は見落としがち?全部合わせれば新車1台買えますね(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページで残り5つの注意点を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。