バチコンアジングで25cm良型中心に20尾 長めのステイが奏功

バチコンアジングで25cm良型中心に20尾 長めのステイが奏功

佐賀県唐津市肥前町大浦漁港より出船のきずなまりんを利用して釣行した。中止また中止、三度目でやっと行けたバチコンアジングの模様をリポートする。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

きずなまりんでバチコン

12月6日、出船前に安井船長から、「今シーズンのナイトバチコン便は今日で終了します。前回出船時は釣る人で10尾くらい。時合いが何回くるかで釣果が変わってきます」とのこと。

乗船者は友人と2人だった。ハイシーズンのように数は釣れなくても25cmくらいが5~10尾釣れれば良いと思っていた。

バチコンアジングで25cm良型中心に20尾 長めのステイが奏功タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

午後4時30分出船。日中は天候もよく暑かった。「最後のバチコン便を楽しもう」と、友人と語った。5時ごろ、伊万里湾内のポイント到着。「水温が下がっているので、ライトを点灯してからベイトフィッシュが集まりだすのに時間がかかると思います」と、安井船長がアナウンスしてくれた。

本命連続キャッチ

ファーストヒットは友人の坂井さん、メタルジグでのヒット。上がってきたのはイトヨリ。私の仕掛けにもアタった。いい引きで上がってきたのは、30cmオーバーの同じくイトヨリだった。

ライトを点灯して2時間ほど経過。やっと海面にベイトがちらほらと見え始めた。ショートバイトはあるが掛からない。船長が掛けたのは豆アジだった。ワームのサイズを2inchにチェンジしたら、私にも豆アジがヒットした。豆アジの次はサバが釣れだした。

8時ごろ、やっと本命アジがヒット。バタバタと釣れだした。坂井さんとのダブルヒットの場面もあって、楽しいひと時だった。しかし、巻きでヒットしたり良型がいるレンジが定まらない。

25cm級ヒットでバチコン継続

アタらなくなった。時合いが終わったかと思っていると、トモで釣っている船長だけアタっている。ホワイトグローでボトム中心がいいそうだ。早速チェンジ。うん、アタる。ステイ時間を長めにして、ワームを漂わせるとコンと吸い込み系の気持ちいいバイトがくる。

良型(25cmほど)をキャッチし、10尾は超えた。船長が「こんなに釣れるなら、12月以降もバチコン継続してやります」と言いに来てくれた。

納竿時間の10時30分を迎えた。グッドコンディションのアジが豆アジ交じりで20尾前後はキャッチできた。

多少テクニカルにはなってくるが面白い!ばっちり防寒対策をして、おいしいアジをぜひ!

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
きずなまりん
出船場所:大浦浜漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年12月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。