全日本カレイ選手権大会に参戦 短い朝の時合いに本命カレイにマダイ

全日本カレイ選手権大会に参戦 短い朝の時合いに本命カレイにマダイ

全日本サーフキャスティング連盟のメインイベントのひとつ《全日本カレイ選手権大会》が、日本全国会場で同時開催された。ここでは、私が参戦した山口県の柳井会場をレポートする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・小池 勝)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

仲間の釣果

クラブ仲間のゆかりさんの釣っている神代海岸に行ってみる。なんとイシガレイの45cmとマコガレイの31.3cmを釣っていた。審査会場でもクラブ仲間全員そろって「脱帽です!」。

全日本カレイ選手権大会に参戦 短い朝の時合いに本命カレイにマダイ荒谷さんの釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・小池 勝)

審査会場では、ほかには珍しいホシガレイの38cmや、周防大島開作で釣ったチヌの49.5cmなども提出されていた。

全日本カレイ選手権大会に参戦 短い朝の時合いに本命カレイにマダイ珍しいホシガレイも(提供:週刊つりニュース西部版APC・小池 勝)

まだまだ年末・年始の産卵時季までカレイ釣りは期待できるので、またカレイの潜る手応えを楽しみに出かけたい。

全日本カレイ選手権大会に参戦 短い朝の時合いに本命カレイにマダイ49.5cmのチヌ(提供:週刊つりニュース西部版APC・小池 勝)

<週刊つりニュース西部版APC・小池 勝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
岩国市由宇町
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年12月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。