「釣り人の特権」レシピ:スマガツオの刺し身 背ビレの扱いが重要?

「釣り人の特権」レシピ:スマガツオの刺し身 背ビレの扱いが重要?

冬磯で大人気のスマガツオ。回遊ルートが読めないことから、専門に狙う人は少ない。釣れるとすれば、ヒラマサやクロ釣りの他魚として、まれにハリ掛かりする程度。今回は「スマガツオの刺し身」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

冷凍して保存

カツオ(スマガツオ)とは言え、マグロに似た肉質なので、意外に冷凍に向いている。柵取りしたものをそのまま冷凍してもいいが、一度あぶってから凍らせたほうが、うまみを逃さない。キッチンペーパーで包み、ラップをかけて冷凍室に入れよう。

「釣り人の特権」レシピ:スマガツオの刺し身 背ビレの扱いが重要?冷凍は一度あぶってから(提供:TSURINEWSライター松田正記)

解凍は冷蔵室内で

解凍する際は、冷蔵室内のチルドでゆっくり解凍し、半氷の状態で刺し身にしていく。完全に解ける直前が最もおいしいタイミングだ。

日持ちの目安

日持ちの目安としては、チルドで一週間以内。冷凍の場合は、3か月ほど持つ。ちなみに業務用の冷凍庫(-30℃)なら、1年くらい持つそうだ。

分厚く切る

刺し身の厚さは1cm以上。分厚く切ることで食感がよくなり、口いっぱいにうまさが広がる。

「釣り人の特権」レシピ:スマガツオの刺し身 背ビレの扱いが重要?分厚く切る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

残った部分もおいしい

刺し身を作って残った部位もおいしく食べられる。

カマは塩焼き

火を通す食べ方は身が硬くなりすぎるため、あまりおすすめできない。ただ、カマはもったいないので、塩焼きにしよう。焼き上がりにカボスなどを絞るとイケる。

中落ち

また、3枚におろした後に出る背骨も大事にしたい。ここにも身が結構付いているので、スプーンを使って身をこさいでいく。取れた身は、すしネタで知られるネギトロにすると最高だ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。