サーフゲームでワラサ手中 10分間の時合いに周囲でもフィーバー

サーフゲームでワラサ手中 10分間の時合いに周囲でもフィーバー

愛知県豊橋市にある小松原海岸のサーフに、キャスティングゲームを楽しみに出かけた。早朝のタイミングに青物の回遊があり、ワラサをキャッチできたのでその模様をリポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

小松原海岸でサーフゲーム

11月26日、愛知県豊橋市にある小松原海岸のサーフに、釣友の川中さんと釣行した。私も川中さんもサーフでの釣りは約1年ぶり。道中「ヒラメが釣れるといいね」と話しながら向かう。

当日の状況は晴れで北西風。干潮が午前4時ごろで満潮が11時ごろ。午前4時ごろに小松原海岸に到着。すでに釣り人の車が何台も止まっており、波打ち際には釣り人のヘッドライトの明かりが点々と見え、多くの釣り人が並んでいる。サーフの釣りの人気がうかがえる。

サーフゲームでワラサ手中 10分間の時合いに周囲でもフィーバータックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

次々に釣り人の車が来るので、ポイントが埋まる前に釣り支度を済ませ、砂浜へ。2人並んで釣りができそうなポイントでスタートした。両サイドに波立ちがあり、目の前は少し水深があって釣れそうな気配だ。

突然の時合い到来

まずは表層付近を14cmのミノーで探る。暗いなか、キャストを繰り返すが、何も生命反応がなく日が昇って明るくなってきた。ルアーをとっかえひっかえするが、反応が全くなく「今日はダメか」と思っていると、その時は突然にやってきた。

午前7時ごろ、隣の釣り人のサオが大きく曲がった。さらに左の少し離れた釣り人もサオが曲がっている。どうやら青物が回ってきたようだ。チャンス到来、すると私の30gのジグにもゴンッとヒット。かなりのサイズのようで、めっちゃ引く。間違いなく青物だ。絶対バラしたくない!

サーフゲームでワラサ手中 10分間の時合いに周囲でもフィーバーその時は突然やってきた(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

リールを巻いても、すぐにドラグがジジーッと鳴ってイトが出される。魚の引きに耐えてようやく波打ち際まで寄せ、次の波で一気に砂浜にズリ上げてワラサを取り込んだ。

次のページはワラサ急襲でお祭り騒ぎ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。