今さら聞けないメバリングのキホン フィールドごとのリールの選び方

今さら聞けないメバリングのキホン フィールドごとのリールの選び方

メバリングをする上でフィールドに合ったリールを選ぶことは釣果を伸ばすために重要だ。今回はフィールドごとに最適なリールについて解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングリールの特徴

メバリングには2000番を中心に1000~2500番を使用する。フィールドごとに有効なリールのサイズはかわるため、サイズ別に数台は用意しておくと攻略の幅が広がる。またギア比については、ノーマルギアからエクストラハイギアまでアングラーの好みやポイントに合わせて使用できる。

今さら聞けないメバリングのキホン フィールドごとのリールの選び方スピニングリール(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

フィールドとリール

リールがフィールドに合っているとより釣りが快適にでき、数釣りがしやすくなる。また数が釣れない1発大物狙いの場合でも、釣果につながる可能性を上げられる。

リールがフィールドに合っていないと釣果が出にくくなり、メバリングを十分に楽しめなくなる場合も多い。リールのサイズやギア比に注目して、フィールドにあった一台を用意しよう。

汎用的な番手は?

メバリングに汎用的な番手は2000番だ。2000番であれば、ある程度広い範囲で攻略できる。最初に購入する一台としても2000がおすすめで、入門者には是非2000番をご用意いただきたい。

今さら聞けないメバリングのキホン フィールドごとのリールの選び方汎用性の高いのは2000番(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページでフィールドごとの最適なリールを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。