湾奥アングラーの大敵「ボラ」対策 最終手段は光を当ててスレさせる?

湾奥アングラーの大敵「ボラ」対策 最終手段は光を当ててスレさせる?

ソルトルアーではボラがたまにヒットします。今回はボラが釣れてしまうときと釣れないとき、そして釣らずに済む方法をライトゲームメインの筆者の経験から紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

釣れない魚「ボラ」

「めっちゃ引きよる。うわージャンプした」

これはボラです。筆者はライトブリームでチヌのゲストにたまさかボラを掛けてしまいますが、PEライン0.3号を張っていてもダメなときはダメです。えんえんと引きやまず、ジャンプしてはボトムに突っ込むという青物とはまた違った暴れ方をして、そのうちラインブレイクします。獲れてもランディングネットが臭くなり、ワームもズタボロにされていい迷惑。

湾奥アングラーの大敵「ボラ」対策 最終手段は光を当ててスレさせる?巨ボラ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このボラですが個体数は非常に多いです。ボラがいない海ってあるんでしょうか?筆者は大阪湾のアングラーですが南港では特に多く、神戸の垂水でもまあまあ潮通しのいいミオ筋などでも群れを見かけます。

それも概してデカい。おそらくあまり釣れない上に、釣れてもリリースされるからでしょう。殖えちゃうんです。個体数減が嘆かれるアオリイカやメバルやアジとかわってほしいくらいです。

ただ、個体数が多いわりには釣れない子でもあります。明らかに群れが見えているボラでも釣れません。まあ見えている魚は大体釣れないものですが、あえて引っ掛け釣りみたいにメタルジグを群れの中でジャークさせてやってもうまく避けます。身体に当たるのにフッキングしません。ましてルアーに飛びついてくることも、ほとんどありません。

うーむ。謎の魚です。

ボラが釣れるとき

筆者の経験から、ボラが釣れてしまうときのイメージを語ります。

河口域でのアジング

私はリバーアジングをよくするのですが、ゲストでヒットするのがボラとキビレです。基本的に獲れるのはキビレで、獲れないものはボラだと考えています。そして圧倒的に獲れないものが多いです。

ボラにジグ単を持っていかれると些少のリグ単価でも少し嫌な気分がします。暴れてくれた分場荒れするし。

このヒットパターンはおそらくマイクロベイトパターン。小さなワームをエサと見て食ってくるようです。ボラは悪食ですが特にマイクロベイトは大好きな様子。ボトム付近で掛けやすいので注意が必要です。

湾奥アングラーの大敵「ボラ」対策 最終手段は光を当ててスレさせる?ジグサビキに食うこともあるけれど(提供:TSURINEWSライター井上海生)

シーバスゲーム

先日リバーアジングで筆者の横でシーバスゲームしていた人が、やたらカタにはめて釣りまくっているのを見ました。すごいですねと声をかけると「全部ボラです。動かした瞬間のリアクションバイトです」と言います。ナイトの河川のコース引きだとボラはルアーの瞬間的な波動に反応するようです。

ボラが釣れないでくれるとき

続けて、ボラが釣れないでくれるとき、について。見えている魚は釣れない説で、ボラがうじゃうじゃ群れているときには逆に食いません。おそらくボラからも釣り人の姿が見えているからだと思われます。

湾奥アングラーの大敵「ボラ」対策 最終手段は光を当ててスレさせる?群れているボラは食わない(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみにボラの群れの見分けは簡単です。小型も大型も頭が丸っこいのが特徴。またハクや仔ボラと呼ばれる生まれたてのボラは背中が青っぽく、シーバスのベイトとなることがあります。アジやメバルはあまりハクを食いません。

次のページでボラをスレさせる方法を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。