公園でのんびりマブナ釣り 細かなポイント移動的中で20cm超え本命登場

公園でのんびりマブナ釣り 細かなポイント移動的中で20cm超え本命登場

青空の広がる東京都葛飾区の水元公園へマブナ釣りに出かけました。細かく探るポイントをかえる作戦が奏功し、本命と対面できた模様をお届けします。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター青沼伸晃)

青沼伸晃

ほとんど鮒しか釣りません。釣行用のスクーターが壊れ、大きなバイクに乗り換えたら、砂利道が怖いです。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

水元公園でマブナ釣り

11月3日、青空の広がる水元公園は沢山の人で賑わってます。家の用事と昼食を済ませ釣り場への到着が午後1時ごろとなり、人気のある場所は既に人が一杯なので、比較的に空いているポイントでマブナの居場所を探すことにしました。

マブナ釣りの仕掛け

公園でのんびりマブナ釣り 細かなポイント移動的中で20cm超え本命登場当日の仕掛け(提供:TSURINEWSライター青沼伸晃)

そろそろブルーギルも大人しくなる頃合いかと思い、ミミズをエサにシモリウキ仕掛けを使いました。後日、1.2mのサオを同じポイントで使用しましたが、引きの強い魚は杭に巻かれて逃げられました。

杭周りでエビにクチボソ

公園でのんびりマブナ釣り 細かなポイント移動的中で20cm超え本命登場当日のポイント(提供:TSURINEWSライター青沼伸晃)

駐車場から見て水路の裏側辺りに、木と木で区分けされたような空間があり、シートを敷いて座っている家族連れや、簡易ベッドを出して読書をしている人などがいます。

気温は21度で水温が19度、先客の居ない木と木の間で釣りを始めます。ヘチに仕掛けをおろすとすぐにウキが動きエビが、岸に沿って1mくらいの間隔で打ち込まれている杭の周囲から穂先の下くらいまでの範囲を探ると、クチボソが釣れました。

20cm弱マブナ登場

公園でのんびりマブナ釣り 細かなポイント移動的中で20cm超え本命登場本命登場(提供:TSURINEWSライター青沼伸晃)

杭の周囲を20cmくらいずつ仕掛けの位置をずらしながら探り、マブナが釣れなければ隣の杭へ移動します。開始10分ほどで水中のシモリウキが斜めに引かれ、アワせると手応えあり。走り出した魚をサオを立てて浮かすと、20cm弱くらいのマブナが釣れました。

同じ場所では連発せず

好調な出だしに気をよくし、ほどよい型のマブナの群れが居着いてくれはしないかと、釣れた杭の周囲を探ります。

しかし、ウキは動くものの、たまに10cmくらいのクチボソが釣れる以外はハリ掛かりしない状態となり、気が付くと2時間以上経ってました。今日は、マメに移動しながら広い範囲を探り歩くつもりでいたことを思い出し、隣の空間に移動します。

次のページでは移動釣法的中で本命連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。