最盛期の落とし込み釣りでヒラマサほか大型青物でクーラーは満タン

最盛期の落とし込み釣りでヒラマサほか大型青物でクーラーは満タン

福岡県・柏原漁港から出ている星龍丸にお世話になり最盛期の落とし込み釣りを楽しんできた。お昼近くになった時には、ほとんどの人のクーラーが満タンとなった釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 唐津市・宮崎勝太)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

星龍丸で落とし込み釣り

11月上旬、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出ている星龍丸にお世話になり最盛期の落とし込み釣りを楽しんできた。

メンバーはリーダーに白石さんそしてタイキの4人。当日は何度も同船したことのある常連さんも多く、午前6時30分の出船まで話が盛り上がった。

メインベイトのイワシは20cmくらいで仕掛けに掛かったらすぐに分かるサイズ。この日のポイントは根が荒く底にオモリを着けていると根掛かりしてしまうため、底から10mほど仕掛けを上げて本命のアタリを待つよう指示がでた。

最盛期の落とし込み釣りでヒラマサほか大型青物でクーラーは満タン落とし込み釣りタックル(作図:週刊つりニュース西部版 唐津市・宮崎勝太)

本命ヒラマサのダブルヒット

開始早々にタイキが本命ヒラマサをキャッチ。続けて白石さんも本命を釣り上げ、遅れてヒットした私にはヤズが釣れてくれた。

最盛期の落とし込み釣りでヒラマサほか大型青物でクーラーは満タン本命ヒラマサがダブルでヒット(提供:週刊つりニュース西部版 唐津市・宮崎勝太)

落とし込み釣りのタナ取り

落とし込み釣りでは、オモリを底に着ける時と違い中層で本命のアタリを待つ時は仕掛けをどのタナで留めるのかも大事になってくる。

基本的には船長が指示してくれるタナで待つのだが、魚探の反応を見ることができる時はイワシの群れがまだいるのか、イワシの群れが途切れているところはどこなのか、など常に海の中をイメージできると待ち方も変わってくる。

最盛期の落とし込み釣りでヒラマサほか大型青物でクーラーは満タン強引きを楽しんだ筆者(提供:週刊つりニュース西部版 唐津市・宮崎勝太)

そしてサオの扱い方も大事で、中層で待つ時は仕掛けをなるべく上下させない方がイワシも外れにくく、本命にも違和感を与えにくい。波の動き(船の上下の動き)に合わせてサオを上下させ、仕掛けを留めるように意識することで本命が来る確率は上がるはずだ。

オモリの重さが重く感じたり軽く感じたりすると仕掛けが上下しているのでなるべく一定の重さをキープしたいところだ。

次のページで最終釣果と仕掛けを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。