『メバリング』ステップアップ解説 プラッギングの長所と基本的な操作方法

『メバリング』ステップアップ解説 プラッギングの長所と基本的な操作方法

昨今流行しているメバルプラッギング。プラグには基本的な操作方法があり、釣果を出すために必要なスキルとなる。今回はメバルプラッギングの基本操作を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバルプラッギング

メバルプラッギングとは、メバルを小型のハードルアーであるプラグで狙う釣りのこと。最近はプラグをメインで使用するアングラーも増えている。

メバリングにプラグを使用するとジグ単とは違う釣りができ、攻略方法の幅がグッと広がる。

メバルプラッギングの長所

続いてメバルプラッギングの長所を整理しておきたい。

遠投できる

プラグはジグ単よりも遠投できる。遠投できると広範囲を探り、活性が高いメバルを狙える。特にシャローでポイントが広いサーフや干潟では釣りのテンポが上がるメリットもある。

レンジキープ力がある

プラグには設定されたレンジがあり、ある程度オートマチックにレンジキープしてくれる。一部のプラグを除いて、ジグ単のようにアングラーがレンジの操作をする必要はさほどなく、簡単にメバルのホットレンジを効率よく狙える。

アピール力が高い

ミノーのような波動を出すプラグはアピール力が高く、高活性なメバルが反応しやすい。またプラグのシルエットは一般的にワームよりも大きく、プラグを目立たせて誘うことも可能だ。

『メバリング』ステップアップ解説 プラッギングの長所と基本的な操作方法メバル用プラグ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページで基本の操作法を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。