格好いい釣魚写真撮影のポイント 【撮る&撮られる側ごとにコツを解説】

格好いい釣魚写真撮影のポイント 【撮る&撮られる側ごとにコツを解説】

せっかく大物が釣れたなら、スマホやデジカメでカッコいい釣行写真を撮って、SNSに載せたり、知人に自慢したい!今回は釣り写真をカッコよく写す技をご紹介いたします!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

その他 お役立ち

編集すればさらによくなる

以上のことを意識すれば、ある程度の映え写真が撮れるはずですが、さらに良くするには編集することをお勧めします。

トリミングをする

格好いい釣魚写真撮影のポイント 【撮る&撮られる側ごとにコツを解説】加工前の写真(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

寄りが甘く被写体が小さく映っている場合は、スマホやPCの機能でトリミングすることが可能です。

格好いい釣魚写真撮影のポイント 【撮る&撮られる側ごとにコツを解説】必要な部分だけ選択(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

背景などの釣り場をわかりづらくしたい場合も、トリミングすることである程度、背景を隠すことも可能です!

格好いい釣魚写真撮影のポイント 【撮る&撮られる側ごとにコツを解説】いらない部分を削除(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

色合いや光量を調整する

最後は光量の調整をスマホアプリやPCソフトウェアを使って編集します。

シャドウをなくしたり、露出を増やしたり、明るさを調整したりと様々な機能があり、編集の有無でかなり印象を変化させることができると思います。

<杉浦永/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。