ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円

ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円

ルアーフィッシングにはいろんな「小物」も必要です。「こんなにお金がかかるのか」と気持ちが萎えてしまう部分かもしれませんが、これら小物に関しては一度買い切りで買い足す必要がほぼないものなので、まとめて揃えてしまいましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

入門時に必要な小物

自分が狙う釣り物を決めたら、釣りに必要な小物、アイテム、道具を揃えていきます。

別記事に各釣り物の入門コストを紹介していますが、それにプラスして、以下の道具の費用がかかるものとお考えください。合計で1万5000円~2万円程度です。釣りへの第一歩に始まり、ゆくゆく生涯の趣味にもなったら、まったく高くない投資といえるでしょう。

マストなアイテム

安全面で必須なアイテムとして、ライフジャケットがあります。

ライフジャケット:5000円程度

ライフジャケットは着るベストタイプのものと、腰に巻くウエストタイプのものがあります。筆者は2つとも持っていますが、ほとんどベストタイプしか使っていません。腰に巻くのはなんだか下にずれてくるのが気になるのです(あくまで個人的な印象ですので悪しからず)。

最近はフィッシングバッグに装着されている膨張式の救命胴衣もあるようです。

ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円ライフジャケットは必ず着用を(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ライフジャケットは安くて5000円程度です。桜マークといって、海上保安庁の安全基準を満たしているものとなると、1万円はくだりません。私は桜マークのライジャケの着用が必ずしも義務付けられていない陸っぱりのアングラーなので、比較的リーズナブルなものを着ています。

小物リスト

釣りに必要な小物の費用について確認しましょう。

ラインカッター(ピンオンリールつき):2000円

ピンオンリール(伸縮式コード)のついたラインカッターで、2000円くらいです。ラインカッターは使用回数が多いものなので、なるべく切れ味の鋭いメーカー品を推奨します。

フィッシングプライヤー:1000円

釣り人の七つ道具プライヤー。主には魚の口に深く刺さってしまったハリを抜くのに使いますが、小型ナイフなども実装。まさしく七つ道具として使えます。

フィッシュキャッチャー:500円

サワラやチヌなど、歯のある口を触ることができない魚は、フィッシュキャッチャーで口元を押さえ制御します。意外と安く、500円程度でも購入できます。

ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円フィッシュキャッチャー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

フィッシュグリップ:2000円~3000円

グリップ類でいうと、フィッシュグリップがなかなか高価です。私はガーグリップというものを使用していますが、4000円程度したと記憶しています。ただ魚をつかむ性能だけでいえばトングタイプのもので十分。アジ、メバル、タチウオくらいまでつかめます。これがないと釣りにならないレベルで手返しが悪くなるので、必須です。

ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円手返しUPに絶対フィッシュグリップ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ヘッドライト:1000円

夜釣りにマスト、ヘッドライト。できれば充電式と電池式(予備電池を持って)を二つ持っていくことをおすすめします。

ルアーケース:500円~1000円

ルアーやワームを入れるケースが必要です。安ければ200円くらいですし、100均品で代用もできます。ただライトゲームであればジグヘッドケースが必要でプラス500円と考えると、やはり500円~1000円という額です。

タモ:2000円~1万円

これもピンキリなのですが、魚を獲るタモは安いもので2000円、メーカー品で1万円程度です。シャフトすなわち伸縮する棒と、タモジョイントというタモを折りたたむ部品を含めて安くても1万円、クオリティを追い求めると3万円にもなります。

ルアー釣り入門に必要な小物類はいくらで揃う? 9アイテムで約1万5千円ここが意外に高いタモ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

偏光グラス:1000円~

目も日焼けするという噂があります。真偽はわかりませんが、日中の釣りで海面をじっと見ていると疲れるのは確かです。またデイの海中が見やすくなるという点で偏光グラスは持っていた方がいいのは間違いありません。100均でも購入できます。

――と、以上、ゲームフィッシングならば、タックル以外のアイテムを揃えて、合計最安で1万5000円くらい。「ゲームフィッシング」ならば、と言うのは、お持ち帰りをするかどうか、です。

次のページでは魚を持ちかえる場合に必要なアイテムを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。