「100均」のワインド用ジグヘッドが高品質すぎた 3回使用もサビ無し

「100均」のワインド用ジグヘッドが高品質すぎた 3回使用もサビ無し

100均の釣具コーナーで、タチウオワインドのジグヘッドを見つけました。たまたま一個売れ残っていたので、ラッキーだったのだと思います。すぐに買って、品質を見てみました。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

100均タチウオ用ジグヘッド

今回購入したのは、全国にチェーン展開している某100円均一のタチウオワインドジグヘッド。ナマリ部分がダートに向いた三角形で、おまけに魚の顔まで描かれている、なかなか凝った品です。

「100均」のワインド用ジグヘッドが高品質すぎた 3回使用もサビ無し100円均一で購入したワインドヘッド(提供:TSURINEWSライター井上海生)

実はタチウオワインドのヘッドは、安くありません。メーカー品だと、1個500円程度します。おまけにワームが100円、トレーラーフックも100円。合計700円になるリグです。

それが、こうしてヘッド部分だけでも(おまけにトレブルフックも!)100均で買うことができるのだから、相当お財布に優しいです。筆者は個人的に、タチウオワインドのヘッドのクオリティというのは魚の食いに影響しないのではないかと思っているので、これからも見つけたら即購入して数を揃えていきたいと思います。

購入したのは14gのヘッド。浅い海から、20mくらいの水深まで探れるほどよい重量です。

ハリ先を点検

100均の釣具の何が弱いと言って、ハリ先です。ここが最初から甘かったり、一回の使用でサビて使い物にならなくなったりするのですが、今回のタチウオワインドヘッドは違いました。

トレブルフック、なんと3本中、2本のハリ先がちょんちょんに刺さります。これならば、ワームに差し込む側に刺さりにくい方向の1本を持ってくれば、一人前のハリの仕事をしてくれます。交換の必要なく、そのまま使えます。

「100均」のワインド用ジグヘッドが高品質すぎた 3回使用もサビ無しよく刺さるトレブルフック(提供:TSURINEWSライター井上海生)

トレーラーフックとワームを装着

当然ですが、ヘッドだけではタチウオは釣れないので、ここからワームと、トレーラーフックをつけていきます。タチウオワインドのトレーラーフックというと、メインのトレブルフックの後ろにつける、1本バリや2本バリです。ワームも装着してみました。

「100均」のワインド用ジグヘッドが高品質すぎた 3回使用もサビ無しこの見栄え!(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メーカー品と比較して、まったく遜色しない見栄え!筆者は何気にナマリ色のヘッドというものをタチウオ用で持っていなかったので、使い分けという意味でもよさそうです。

動きをチェック

さて、実釣!といきたいのですが、残念ながら筆者が通う海に、今タチウオはいません。

けれどサバが反応したりするので、テストの意味もこめて使ってきました。結果、動きは本当にこの上なくいいです。ヘタをすると、メーカー品を食っています。

メーカー品が少しブレながら斜め上に切れるのに比べて、この100均品、三角断面がやや柔かめという造形もあってか、すーっすーっと左右に水平滑りするみたいに動いてくれます。ありそうでなかったナチュラルなアクションです。

次のページでは著者的なオススメ度を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。