鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ

鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ

11月1日(月)、茨城のヒラメ釣りが部分解禁。鹿島新港出船の桜井丸から当日の様子を乗船取材した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版 東京・大高 崇)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

桜井丸でヒラメ釣り

11月1日(月)4時前、鹿島新港出船のまだ暗い港に多くの釣り人が集結。昨年のこの時期に見合わせた顔も多数あり、ヒラメ釣りの根強い人気を実感する。

鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ桜井丸 鹿島新港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 東京・大高 崇)

5時前には各自受け付けを済ませて桜井丸に乗船。エサの活きイワシが船のイケスに積まれて期待が高まる。同船は乗合と仕立の2隻出し。

幹事役の竹中さんに乗船取材を快諾いただき、地元の釣り仲間というグループの仕立船に同行した。

初物は1kgレギュラーサイズ

5時半に乗合に続いて出船。約20分で釣り場に到着。小雨が交じるが海はそこまで荒れておらずナギの部類。しかし、ちょうど潮止まり直前という時間帯で潮の流れは緩やか。

「あまり流れていないので船を動かしますので、まめに底を取ってくださいね」と舵を取る大川真一船長から声が掛かり、水深約25mの釣り場で待望の第1投。

口火を切ったのは右舷ミヨシに座る遠藤さん。1kg級のレギュラーサイズだが、シーズン初物に笑顔がこぼれる。「いつもヒラメ釣りは苦戦しているんですよ」と言うが、今期は最高のスタートが切れたようだ。

鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ竿頭の遠藤さんは船中1尾目もキャッチ(撮影:週刊つりニュース関東版 東京・大高 崇)

トモではイナダ登場

左舷ミヨシの薗さんは、隣の土川さんをサポート。年齢的には土川さんが先輩だが「釣りの師匠です」と慕う。「あまり竿を動かしても疲れるので」と置き竿にしていると、回収で掛かっていたなんてもこともありにぎやか。

左舷トモの福田さんの竿が強烈に引き込まれると、イナダが登場。

鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ福田さんにイナダ(撮影:週刊つりニュース関東版 東京・大高 崇)

前半は置き竿が好調

7時前に水深約30mの根周りへ移動。右舷の鈴木さんが好調。ステイトは40cm。

「六角オモリの人によくアタッていますね」と大川船長。確かに周囲を見ると、確かに、同じ号数の細身のタイプよりもヒット率が高く感じる。「六角のほうが、底をキープしやいのでオススメです」と教えてくれた。

潮があまり動かない時間帯では、置き竿が好調のようで、終始置き竿だったビギナーの土川さんは薗さんを差しおいて絶好調。

鹿島沖ヒラメ部分解禁日釣行 全員安打でトップ7尾とスタートダッシュ序盤に連釣した鈴木さん(撮影:週刊つりニュース関東版 東京・大高 崇)

次のページで上げ潮が流れ全員安打達成

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。