ルアータチウオ釣り始めるのに「お金」いくら必要? 糸と針は妥協NG

ルアータチウオ釣り始めるのに「お金」いくら必要? 糸と針は妥協NG

タチウオは陸っぱりでルアーで狙うこともできます。では、これから陸っぱりタチウオを始めるとして、その入門コストは?ワインドとメタルで狙うものとして解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

タチウオはワインド&メタルで狙う

タチウオはワインドというワームの釣りと、メタルジグというハードルアーの釣りの二本でいきます。どちらも習得したい釣法で、アクションも共通する部分が多いのですが、イチから入門するならワインドから入る方が釣れやすいでしょう。

と言っても、地域性もある釣りです。メタルの釣りも取り入れることにして、二つの釣り方の入門コストを紹介します。

タックル&ルアーにかかるお金

では、陸っぱりタチウオゲームのタックル&ルアーにかかるお金を見ていきます。

タチウオワインドロッド8ft台:1万5000円程度
スピニングリール2500番ノーマルギアまたはハイギア:1万5000円程度
PEライン0.6号:2000円
リーダー12lb&先イト30lb:2000円
メタルジグ3種:2000円
ワインドリグ3ウェイト:3000円
ワインドルアー2種:1500円
トレーラーフック:800円

合計41,300円。筆者もこうして書き出していて、思ったよりも高くなってしまいました。

ルアータチウオ釣り始めるのに「お金」いくら必要? 糸と針は妥協NG釣るのにまあまあお金がかかる?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

安くするポイント

どんな釣りでもまあそうですが、タチウオゲームは特にタックルがそこまで重要ではありません。サオもリールも、エントリーモデルで充分です。それぞれ5000円、合計1万円でタックルが組めるので、それ以上の派生を考えないならリーズナブルなものでもOKでしょう。

ワインドヘッド、メタルジグは100均品を利用するのもアリ。ここも結構コストをセーブできます。ただ、ワインドのトレーラーフック(後ろ側にとりつけるアシストフック)とメタルジグのフックは、安いものを買うならば付け足したり換装したりしなければなりません。

こだわるポイント

タチウオは大きな魚ですが自重はそこまでありません。ショアで掛けるサイズならばほとんど抜き上げることができます。足場が高くない限りタモは不要ですが、その分PEのライン強度と結束、またハリの質にはこだわってください。

タチウオのワーミングでは、ワインドとただ巻きの二つの釣り方があります。ワインド用のワームはピンテールといって尾部分がまっすぐなものを、そしてただ巻きではシャッドといって尾がくるくる回るか震えるかするものを使いましょう。

高活性なときには関係なく食ってきますが、ワインドとただ巻きのワーミング・セオリーはこれです。

ルアータチウオ釣り始めるのに「お金」いくら必要? 糸と針は妥協NGリグは多彩に準備したい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

さらにメタルジグは、タチウオの特色カラーとグロー系のカラーをひとつ持っておいてください。タチウオ特色というと、紫色です。紫によく反応します。グロー系、発光系のカラーは光量がギリギリの海でメタルのパターンのときに必携です。

ルアータチウオ釣り始めるのに「お金」いくら必要? 糸と針は妥協NG紫系ジグを持っていこう(写真はサバだけど)(提供:TSURINEWSライター井上海生)

リーダーの先につける先イト30lb程度も、タチウオの歯対策でマストです。

手持ちタックルの流用も可能

タチウオ狙いに他魚種のタックルをそのまま持ってくることもできます。バスタックルのML以上、シーバスタックル、エギングタックル、これらはリグをそのままワインドやメタルにかえるだけで、流用できます。道具の力よりも、レンジとパターンを読む力が問われる釣りです。

次のページでは専用品のあり方を考察

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。