【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣り

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣り

福岡県から沖釣り最新釣果情報が入った。ひとつテンヤで良型マダイ好調。ほか沖五目でタカバ、アコウ、アオナなど根魚が多彩にヒット。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:松丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

新漁丸

10月30日、北九州市小倉西港の新漁丸は、角島沖に沖五目で出船。ブリ、マダイ、アコウ、アオナ、アマダイ、ボッコなど良型根魚が多く釣れ、多彩な好釣果。イシダイやチカメキントキを釣る人も。タイラバはサイズ、胴突きは数釣り狙える。写真の坂本さんはタカバのダブルヒットを披露してくれた。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣りタカバWヒット(提供:新漁丸)
▼この釣り船について
新漁丸
出船場所:小倉西港

海神丸

10月30日、福岡県福津市津屋崎漁港から海神丸が玄界灘のアジ泳がせ釣りに出船。潮が動かない時間帯が長く続き低活性ながらも畠山さんらはアコウ2kgクラスを頭に19尾、アラカブが交じった人もいた。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣り良型アコウキャッチ(提供:海神丸)
▼この釣り船について
海神丸
出船場所:津屋崎漁港

朝日丸

11月1日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の朝日丸が玄界灘の沖五目釣りに出船すると、船中では中大型レンコ1人30~50尾、アオナ2kg頭に20尾、タカバ1kg級3尾、アラカブ3尾、イトヨリ30尾、カワハギ7尾と多彩な釣果が上がり、釣行した7人のクーラーも満タンに埋まった。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣りアオナほかクーラー満タン(提供:朝日丸)
▼この釣り船について
朝日丸
出船場所:鐘崎港

金生丸

10月30日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸が玄界灘の沖五目釣りに出船。この日は根魚の食いが良かったようで船中ではレンコ180尾、アオナ30尾、タカバ24尾、アコウ4尾、オニオコゼ3尾、イトヨリ10尾、ウマヅラ7尾の好釣果が上がった。写真は良型タカバを釣り上げた岩崎さん。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣り良型タカバ手中(提供:金生丸)
▼この釣り船について
金生丸
出船場所:鐘崎港

金比羅丸/弘漁港

10月30日、福岡市東区志賀島の弘漁港から金比羅丸/弘漁港が玄界灘のイサキ&イシダイ釣りで出船。イシダイは2.5kgの銀ワサやイシガキ1.8kgなどが上がり、イサキは40cm前後主体の釣果。船長は「探見丸があるのでタナ取り、底取りとも安心して釣りをしていた」とのこと。31日は根魚狙いのタイラバで出船。船長は「釣り開始~納竿までよく釣れました」とのことで、アコウやアオナ、ボッコ、アヤメカサゴ、アラカブ、レンコダイなど交じって大型クーラーをいっぱいのする釣果。探見丸が3台用意されており、無料でレンタル中。また、帰港後に釣り上げた魚を捌くサービスも大好評。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣りイシダイキャッチ(提供:金比羅丸)
▼この釣り船について
金比羅丸/弘漁港
出船場所:弘漁港

松丸

10月31日、福岡市中央区伊崎漁港から松丸が玄界灘のひとつテンヤ釣りに出船。親子で乗船。船長は「小1の息子さんが一番釣っていた」と驚くほどの好捕で、3人でマダイが3.5kg、2.5kg、2.3kg、2kgを含めて足裏サイズまで、アコウ1~2.3kg8尾など交えて40尾くらいの釣果。ひとつテンヤやエビラバ、タイラバに出船中。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 ひとつテンヤでゲスト交えてマダイ数釣りマダイほか多彩にヒット(提供:松丸)
▼この釣り船について
松丸
出船場所:伊崎漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年11月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。