秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功

急に秋が深まった東北地方。季節の進行と共に水温も下がってきたようなので、10月24日、秋冬のロックフィッシュシーズンの開幕調査に宮城県は女川、石巻地域の磯へエントリーしてきました。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター齋藤大)

齋藤大

宮城県在住のサラリーマンアングラー。ロックフィッシュを中心としたソルトフィッシングや、バスやナマズなど、季節毎に狙える魚をターゲットに各地で様々な釣りを楽しんでいます。そんな色んな釣りの楽しさを自分の言葉で発信していきたいと思っています!

×閉じる

ソルトルアー ショア

陸っぱりロックゲーム

各ツールで海水温を調べると20度を切っており、やっと宮城の海も秋モードに入ったと言える様子。しかしながら、シーズン1回目の釣行ということもあり魚のポジションがイマイチつかめていないので、まずは実績のあるポイントへ向かいました。

そのポイントは、そこまで水深はないもののロックフィッシュたちが身を潜められる海藻や岩がびっしり敷き詰められており、魚のストックが多いポイントです。同行した仲間たちと遠投をして沖のブレイクラインを狙ったり、足元の海藻の中をパンチングしたりあらゆるアプローチを試みました。

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功道中では絶景も(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

同行者にアイナメヒット

同行していた仲間の、「食った!!」と言う声が聞こえたので、駆け付けるとロッドを曲げてのナイスファイト!姿を見せたのはアイナメでした!サイズこそアベレージサイズでしたが、ベイトをたくさん食べているような筋肉質な良いアイナメでした。

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功仲間に本命のアイナメ(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

水深があるポイントへ移動

その後、若干ポイントをかえながら同じエリアで続けるもののヒットするのは先程よりも小型のアイナメばかり。さらに、ワームをフグでかじられてしまうことも多く、まだ浅いエリアはやや水温が高いのではと仮定し、お昼休憩後は外洋に面したもう少し水深があるエリアにエントリーをすることにしました。

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功フグに齧られたワーム(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

また、気温は下がったとはいえ、磯まで歩くのはアップダウンがあり、かなり激しい運動です。汗もたくさんかくので水分とカロリーはしっかり補給し、着替えも持ち体を冷やさないようにするなど、自分自身のコンディションもしっかり整えましょう。

スイミング混ぜて3連発

先述した通り、先ほどより少し水深のあるエリアへエントリー。私自身は先程のポイントでは5inch以上のかなりボリュームのあるワームを使っていたので、ここからは1匹を取りにワームをサイズダウンさせました。

移動早々仲間にバイト。ヒットにはいたらなかったもののスイミング中にバイトがあったとのことだったので、私もそれを参考にリフト&フォールにスイミングを混ぜてアプローチ。

答えはすぐに!なんと3投連続のヒット!アベレージサイズ2本の後にはスポーニングに絡むような40cmクラスのアイナメも登場。夏のシーズン以来のトルクフルな引きに興奮を隠せませんでした。

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功良型のアイナメも登場(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

その後、仲間にもヒットし、パターンがハマったことを身を持って感じました。水温も先程のエリアより低いのかフグからのバイトも遠のきました。しかし、エントリーしたエリアは潮が引いたタイミングしか入れない場所だったため、少し惜しい気もしましたが、潮が満ちてきたのでエリアチェンジ。

秋の磯ロックゲームでアイナメ連発 シーズン序盤の状況にアジャスト成功仲間にも本命(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

次のページで夕マヅメにベッコウゾイが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。