西湘サーフでカマス釣りが開幕 地元釣具店に聞く「投げサビキ」のキモ

西湘サーフでカマス釣りが開幕 地元釣具店に聞く「投げサビキ」のキモ

神奈川大磯の投げサビキで狙うカマス釣りが面白い。そこで今回、釣具店・すずき釣り具店に、同地秋の風物詩となりつつあるカマス釣りのキモを聞いた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版 大高崇)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

投げサビキ釣りのタックル

西湘サーフでカマス釣りが開幕 地元釣具店に聞く「投げサビキ」のキモタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 大高崇)

ルアータックルを使ったジギングやジグサビキでもカマスは釣れないことはないが、やはり同地では投げサビキに軍配。

全長3m以上の仕掛けをオモリ15号を付けて投げることを考えると、竿はおのずと投げ釣り用4m前後がベスト。オモリ負荷的にはルアーロッドなどでも代用できなくもないが、11ft以上で適合ルアーウエートが最大60gまでの物がいいだろう。

投げサビキの仕掛け

仕掛けは、オモリが重いぶん、ある程度太くしないと投げ切れが起こるのでミキイトは3号程度では不安だ。5~6号の仕掛けが好適。サビキは定番の金バリフラッシャー&バケタイプでOK。ハリ数が多くて投げにくかったり、根掛かりが多い、と感じたら市販品を詰めてハリ数を減らして使うのも手だ。

コンパクトロッドやライトルアーロッドでは少々無理があるので、前述のようなタックルで再挑戦を勧める。

カマスの釣り方

店主によると「根を通過させて狙う」のが、投げサビキでのカマス釣りのコツ。そのため必然的に根掛かりが多くなるので、根掛かりをかわす意味でも、前述のような長さの竿や太さの仕掛けがいい。

また、ミチイトは投げ釣り用のPEラインとチカライトの組み合わせでもいいが、沈みやすいフロロカーボンラインやPEラインよりも比重が軽いナイロンが障害物をかわしやすい。

リールもそれに合わせて投げ釣り専用ないし中大型スピニングがいい。すばやくイトを回収できるので根掛かりしにくい。

西湘サーフでカマス釣りが開幕 地元釣具店に聞く「投げサビキ」のキモミズカマスがこの時期の注目ターゲット(撮影:週刊つりニュース関東版 大高崇)

次のページでオススメ釣り場&時間帯を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。