陸っぱりエギングで400g頭にアオリイカ3匹 エギのカラーローテが的中

陸っぱりエギングで400g頭にアオリイカ3匹 エギのカラーローテが的中

最近堤防に出かけると新しいスミ跡を見かけるので、三重県・紀北町引本浦の引本港へ陸っぱりエギングに出かけた。エギカラーローテし、400g頭に3匹を釣った釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

引本港でデイエギング

私はナイトエギングの方が静かで集中できるので好きなのだが、10月11日は朝まで仕事だったためデイエギングだ。

仕事が終わり、つりエサ市場で自分の好きなアオリーQ3号のエギを買い、早速釣り場へ出発する。道中に釣り場が空いているか、人がいないかを心配していたが、無事ポイントを確保することができた。

車から荷物を下ろし準備を始める。最初に選択したエギは、先ほど購入したものを使おうと思ったが、ロストにビビって前から持っているエギスタ3号、カラーはパープルにし、早々と準備を済ませ開始する。

アオリイカを目視で確認

最初のポイントは結構な横風が吹いている。着底が分かりづらく釣りにくいが、慣れたポイントなので秒数をカウントし対処する。

40秒ほどで着底し丁寧にシャクり、探っていくがアタリがなく、足元までエギが帰ってきた。しかし帰ってきたエギの後ろには、数匹のアオリイカがついてきている。

小さいながらも果敢にエギにアタックしてくる姿は、いつ見ても愛らしい。取りあえず足もとでチョンチョンと誘ってはみるが、パンチをするだけで抱いてはこない。そしてエギに飽きたのか姿が見えなくなった。

シーズン初の200gアオリをゲット

小1時間、投げる角度を変えたり、立ち位置を変えたりといろいろやるが、横風が強くアタリが取れないので、少しポイントを移動した。といっても200mほど歩いた所で、ここは後ろに壁があり投げにくいが風がないので、着底とアタリが取りやすい。

数投したところ、ようやくラインを触っていた指にグゥーッと重みが乗り待望のアタリだ。ジィーーッとドラグが滑り、しっかりと手応えを感じた。今シーズン初のアオリイカだ。わずかなアタリから、掛けたときの重みと独特な引きが何とも言えず、私を楽しませてくれる。

陸っぱりエギングで400g頭にアオリイカ3匹 エギのカラーローテが的中本命手中(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

このイカを難なくキャッチし、ボウズを逃れひと安心。サイズは200gぐらいだろうか、サイズアップを目指してどんどん投げていく。

エギのカラーローテで追釣り

ここで反応が悪くなってきたので、エギを当日に買ったアオリーQのピンクにチェンジした。そしてまた数投、恐れていたことが起こる……。根掛かりし、エギをロストしてしまった。いつも新しいエギはすぐなくなる。しかし当日に買ったエギは1つだけではない。悲しい気持ちを抑えながら、次はオレンジをセットし釣りを続行した。

陸っぱりエギングで400g頭にアオリイカ3匹 エギのカラーローテが的中サイズダウンでも釣れれば嬉しい(提供:週刊つりニュース中部版APC・関口真稔)

カラーを変えるとやはりイカの反応が変わる。またついてきた。エギのローテーションの大切さがよく分かる。そして次はイトの緩むようなアタリを見逃さず、2匹目をキャッチ。サイズがダウンしてしまったが、釣れるだけでもうれしいものだ。

次のページで当日最大サイズが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。