アジ釣りの時期はいつ?【季節・シーズン・時間帯を全国で比較】

アジ釣りの時期はいつ?【季節・シーズン・時間帯を全国で比較】

アジ釣りの時期は基本的に春から夏がシーズンの始まりだとの意見も多いが、本当に全国共通の情報なのか疑問を感じる。そこで、実際に全国のアジ釣りの調査を行ってみることにした。予想通り意外な結果に繋がったので紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター出月慎也)

出月慎也

固定概念にとらわれない釣り方を探すことが趣味です!なぜ釣れるのか、なぜ釣れないのか原因をこれからも探っていきます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

アジの習性を確認

アジ釣りの時期はいつ?【季節・シーズン・時間帯を全国で比較】人気ターゲットのアジ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

アジサビキ釣りでも撒き餌をするだけで簡単に集まる印象を持たれがちだ。しかし、集まるのは比較的小型の豆アジが多い傾向にある。大型のアジは夜のほうが釣れやすいことも珍しくない。では、アジにはどのような習性があるのか確認してみよう。

基本的に昼行性

アジは夜行性ではなく昼行性だと言われている。そのため、日中に撒き餌をすると豆アジが大量に集まる光景も珍しくはない。

では、夜は眠っているためまったく釣れなくなるのか?実は夜のサビキ釣りでもアジは問題なく釣れることが多い。その理由としては、外灯などに集まったプランクトンを捕食するためだとも言われている。そこで気になる疑問が「光に対する習性」だ。

光に対する習性

アジは光に誘われやすいという習性がある。しかし、明るすぎる状況を避ける傾向にもある。日中のサビキ釣りでは、表層にイワシなどの群れが集まっているにもかかわらず、アジは少し中層にいることも珍しくはない。

※かなり小型の豆アジは日中の明るすぎる状況でも表層に群れて集まる

また、曇や小雨の状況では少し中型のアジも表層に出てきたことも何度かある。では、夜の場合はどうなのか?昼行性のアジが夜も活動するのはプランクトンを捕食するためだとも言われている。

私の経験では、外灯のある漁港では少し中層で釣れることが多かった。その理由として予想できるのは、表層では外敵から見つかりやすいため中層に潜んでいる可能性があるのではと考えられる。

しかし、比較的暗い場所に移ると表層付近でもアジが釣れる機会も増える。光に対する習性は捕食するためでもあり、外敵から身を守るためにも関係するのかもしれない。

回遊魚であること

ポイントに居着く魚種もいるが、アジは回遊魚である。海を見つめていても魚はまったく見えないが、いざサビキ釣りを始めるとアジが集まってくる。イワシやサバなどの回遊魚も同様に集まる傾向にある。

※もちろんアイゴなど居着く傾向にある魚種も撒き餌に集まる

日中は漁港内や内湾を回遊していると言われているため、撒き餌をまくと比較的すぐに集まってくる。ただし、やはりアジが釣れやすい時期でなくては、撒き餌に集めること自体が難しくなる。

アジ釣りの時期について

アジが釣れる時期は「初夏や秋である」と皆が同じようなことを言う。たしかにこの時期になると豆アジが回遊してくる機会も増える。しかし、本当に「全国的にこの時期がアジ釣りの開幕となるのか?」については疑問が残る。

アジ釣りの時期はいつ?【季節・シーズン・時間帯を全国で比較】夏の小アジ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

シーズンの始まりは本当に夏?

私が普段釣りをしているのは福井や愛知、静岡がメインだ。その中で、毎年アジが釣れ始める時期は地域やポイントによりバラツキがあることが明らかだ。

例えば、6月に福井の地磯で10cmほどのアジが入れ食いの年があったが、同時期の静岡では豆アジですら回遊していないという状況であった。実際に全国のアジが同年同時期にどのくらい釣れているのか調査してみることにした。

全国の釣果を比較した結果

今回は北海道から九州地方まで全国各所で調査を行い、アジの釣果が頻繁に投稿されているデータをまとめた。

・北海道

北海道でのアジ釣果は、「6~11月」に集中している傾向がある。特に集中している時期は「9~10月」であるため、ベストシーズンはこの時期であると思われる。

しかし、道東や道北など地域により魚種も異なる傾向にもあるため、必ずしもほとんどの釣り場でマッチするとは限らないだろう。私の住む東海地方では見かけないチカ(キュウリウオ)やシシャモなどが釣れることも羨ましく感じる。

・東北地方

東北地方では北海道とは少し異なり、「2月下旬~12月」と比較的ポイントによっては年中狙える魚種であると言える釣果であった。サイズに関しては春辺りに型が大きい印象も受ける。

特に釣果が集中している時期は「8~10月」とやはり夏から秋であるため、ベストシーズンはこの辺りだと言える。

・関東地方

関東地方の場合は東北地方とは少し異なり、1月に三浦半島で釣果が報告されていたりと年中釣れている印象を受ける。しかし、やはり釣果が集中している時期は「7~10月」であるため、やはり関東地方でも夏から秋がベストシーズンだと予想できる。

型は2020年の場合、比較的東北地方のほうが20cmアップが多い印象も受けたが、あくまで釣果報告のみの確認となるため信憑性はそこまで高い訳ではない。

※ただ、東北地方は大型のアジが回遊しやすいとの情報も見つかっている

・中部地方

中部地方でも釣果は年中釣れている結果だが、地方によりバラツキがあると言える。私が現在静岡在住のため、2021年の状況を報告すると、アジが釣れ始めた時期も遅く、秋でもまったく釣れない日がある。アイゴの稚魚しか確認できない釣り場もあり、ベストシーズンは夏ではないと言える状況であった。

ポイントによっては秋でも回遊してこない状況もあるため、アジを狙う際には釣果のあるポイントに絞る必要がある。また、春から初夏は御前崎漁港でも豆アジすら確認できない状況であった。

・近畿地方

近畿地方でもこれまでと同様にベストシーズンは「8~11月」だと予想できる結果であった。

釣果では冬に大型のアジをアジングで狙う方の投稿も多く、アジを専門に楽しむ方で賑わっている印象だ。アジは年中釣ることができる地方であると言える。

・中国・四国地方

四国地方は海水の温度が比較的高い傾向にあるため、釣果は4月辺りから増加している傾向にある。釣果から判断すると、ベストシーズンはこれまでよりも少し早く「7~11月」と初夏から楽しみやすいと予想できる。

私自身も何度か瀬戸内海付近でサビキをした経験があるが、大型のマダイが海底付近に集まってくることもあり、意外な魚種がヒットするチャンスがあることも中国・四国地方の魅力だと言える。

・九州地方

実際にサビキで佐賀や宮崎などでも釣りをした経験がないため確実なことは言えないが、情報をまとめると北海道や秋田などと比較しても「4~10月」に釣果が集中していることが分かった。

とはいえ、特に釣果報告が多いのは「8~10月」であるため、ベストシーズンはこの時期だと予想できる。ただし、春から十分アジを狙うことができる地方であると言える。

調査結果まとめ

これまでの調査結果をまとめるとこのようになる。

【全国的なベストシーズン】

ベストシーズン:8月~10月

【地方ごとの違い】

・アジを年中狙いやすいのは九州地方寄り
・アジは年中狙い魚種ではあるが、ポイント次第ではまったく釣果には期待できない

このような結果となった。

やはりアジ釣りのベストシーズンは秋辺りだと言える。しかし、それはポイント次第でもあることを忘れてはいけない。

アジの種類で時期がかわる?

アジにも種類があるが、釣果を調べてみるとほとんどが「真鯵(マアジ)」であることも分かった。シマアジが釣れている地域もあるが、そもそも釣果報告はほとんどない。GTと呼ばれる「ロウニンアジ」の稚魚は中部地方から九州地方などで比較的釣果報告も見つかるが、時期はやはり秋に多い印象だ。

次のページではアジが釣れやすい時間帯を考察

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。