釣り入門に必要なお金のコト 人気のアジングやメバリングは3万円前後?

釣り入門に必要なお金のコト 人気のアジングやメバリングは3万円前後?

海のルアーフィッシング入門にどれくらいお金がかかるのか?今回は、ライトゲームという釣りと、ライトブリームというチヌを細イトで狙う釣り方の入門にかかる費用を紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

Avatar photo
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「ライトブリーム」入門にかかる費用は?

続けてライトブリームです。フィネス・チニング、細イトでチヌ、キビレといったターゲットを狙います。これはまず、魚がいるかどうかがカギとなるので、地域の釣り情報を参考にしましょう。大阪湾周りや、九州ならば熊本などは魚影が濃いようで、専門的に狙えます。

では、道具面で、ライトブリームにかかるお金はどれくらいでしょうか?

ライトブリーム

メバリンググロッド:1万円
スピニングリール1000番~2000番:1万5000円
ラインPEライン0.3号:2000円
ショックリーダー6lb:500円
ジグヘッド3種類(0.9g~5g程度※水深によってセレクトが必要):1200円
ワーム3種類(ブラックバス用2inch程度推奨):1500円

合計30,200円。お気づきでしょうか?メバリングとタックルは同じです。つまり、メバリングタックルを持っていると、そのまま流用できるのです。

釣り入門に必要なお金のコト 人気のアジングやメバリングは3万円前後?ライトブリームはメバリングタックルでOK(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ひとつの釣りで3万円程度

以上、ライトゲーム、そしてその延長で楽しめるライトブリーム入門にかかるお金の話を紹介しました。ひとつの釣り物につき、3万円程度が相場でしょうか?ただ、「本当にちょっと試してみたいだけ」ならば、サオとリールで1万円ほど安くできるので、ぜひ遊んでみてください。

これら道具面のお金とは別に、釣り場までの交通費は、その都度の分がかかるので忘れてはなりません。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。