今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術

今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術

ジギング用のメタルジグには多彩な形状のものがある。今回は、近海ジギングで出番が多い各タイプのジグについて、その特徴や基本的な操作方法について解説したい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ハイピッチジャークに焦点

青物を対象にしたジギングといっても、大きく分けてハイピッチジャークとスローピッチジャークがある。よく似た形状のジグでも、ハイピッチ用とスローピッチ用とで、その特徴や操作方法も異なってくる。今回は、ハイピッチでの釣りをメインに紹介していくので、その点に注意されたい。

今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術適確なジグ選択と操作が大漁への第一歩(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

代表的なジグのタイプ

近海のゲームで使用することの多い主なジグのタイプは、

・スタンダードタイプ
・セミロングタイプ
・ショートタイプ
・木の葉型タイプ

以下、これら4つのタイプについて、基本的な使い方とともに解説していきたい。

スタンダードタイプ

今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術スタンダードタイプのジグ(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

最もベーシックなタイプで、強烈な個性はないが汎用性が高く、様々なシチュエーションや海域で活躍の機会が多い。

このタイプのジグは、フリーフォールさせたとき横を向いてローリングしながら沈むもの、お尻を下にして比較的素直に沈んでいくものがある。

ローリングしながら沈むジグ

前者は沈下速度こそ速くないが、フォール中やジャークとジャークの合間にポーズを入れたときに魚へのアピールが強い。また、ゆったりしたジャークでもよくアクションしてくれるので、中低速のジャークが効果的なときに使うと威力を発揮する。

具体的には、低水温などで青物の追尾能力が落ちているときや、子イカや小アジなど、あまり遊泳速度が速くないベイトを捕食しているケースだ。

今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術スタンダードタイプにヒットしたカンパチ(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

お尻を下に素直に沈むジグ

一方で、後者のほうはフォール速度が速く、ジャーク時の水切れがいいので、速いアクションで誘うのに適する。また、お尻が重い分ジグが暴れにくく、直線起動でジグを泳がせたいときや、振り幅を抑えた泳ぎで誘いたい場合に好適だ。

ちなみに、何度もたたかれた青物は、派手な動きをするジグを嫌うようになる。こういった場合は、アンダーアクション(地味な動き)のジグで誘うと効果的な場合も多い。

今さら聞けない青物ジギングのキホン ジグの形状別の特徴と使い分け術重心の位置も使い分けの要素(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

なお、ジグの重心がお尻の方にあるとフォールが速くなり、頭に近いほどフォールは遅くなるが、小さなジャークでもよく泳ぐ。ジグ自体の形状(表面のくびれなど)で動きのレスポンスもかわってくるが、基本的には先述の理屈となる。

次のページはセミロング以下4タイプを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。