相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣

相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣

アマダイは、こまめなエサのチェックと底ダチを怠らなければ、高度なテクニックを必要としない釣りものだ。今回は相模湾でのアマダイの基本的な釣り方を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アマダイ狙いの基本

一口にアマダイといっても主に「アカアマダイ」「キアマダイ」「シロアマダイ」の3種に分類される。

相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣シロアマダイ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

本記事でアマダイと記す場合は、基本的にはアカアマダイを指す。

相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣キアマダイ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

相模湾アマダイ釣りのタックル

アマダイの基本的なタックルを紹介。

竿

オモリ負荷50号の2m前後が最適。小さいアタリが取れる7対3調子がオススメ。終始、手持ちで誘う人や、ライトタックル船では軽量のゲームロッドが好適。

リール

小~中型電動。ミチイトはタナ取りがしやすい1mごとにマーキングされたものを使おう。

仕掛け

腕長35~40cmの天ビンに、オモリと仕掛けを接続する。ハリス3~4号2m2本バリが基本。親子サルカンや回転ビーズを使って絡みを防止したい

ハリ

チヌ4~5号や丸海津12~14号、マダイバリ、伊勢尼など。エサ持ちのいいケン付きや発光塗料でコーティングされたものなど、さまざま。

相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣ケン付き丸海津(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

発光加工が施されたハリや、チモトの夜光玉はエサ取りが多いときは外す。また、潮が速いときは下バリ上30~40cmにガン玉を打つと奏功することがあるが、仕掛けが絡みやすくなり、またオマツリの要因にもなる。

オモリ

ノーマルタックルであれば80号が目安。ライトタックルであればミチイトの号数と併せて確認しておく。

エサ

オキアミが一般的。両目の付いた身がしっかりしたものを選んで装餌。付けかたはイラストを参考に。

相模湾「船アマダイ釣り」のキホン こまめなタナ取りが釣果の秘訣エサの付け方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

次のページで基本的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。