漁港でチョイ投げ五目釣り 落ちギスは不発もサンバソウなど多彩にゲット

漁港でチョイ投げ五目釣り 落ちギスは不発もサンバソウなど多彩にゲット

娘と静岡県の清水港でチョイ投げ五目釣りを楽しんだ。期待した落ちギスはまだのようだったが、小ダイにサンバソウなど多彩な魚が遊んでくれた釣行をリポートする。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

清水港でチョイ投げ五目

9月25日、台風16号で次の船釣りは中止……。そこでチョイ投げ釣りに行こうと娘を誘うと「いいよ」という返事。すぐに支度をしてエサ店でアカイソメを購入、清水港へ向かった。

どこも人が多いが、車が横付けできない場所は比較的空いている。魚市場のある港の奥が空いていたので、そこに釣り座を取った。港の中は先日の雨でまだ濁っており、かなり風が強かった。

漁港でチョイ投げ五目釣り 落ちギスは不発もサンバソウなど多彩にゲットポイントは魚市場のある港の奥(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

3mの投げザオ(チョイ投げ)を2本用意。ジェットテンビン10号にハリス1号1.2m。スーパーキス7号のチモトに金色のビーズを入れたオリジナル2本バリ仕掛けを使った。

誘いが効いて小ダイゲット

午後3時ごろ第1投、30mほど飛ばす。港の堤防釣りなので30mも飛ばせれば十分だ。そして娘にはイソメが歩くスピードで引っ張り、戻すときにリールを巻くように教える。久しぶりの投げ釣りだが、投げ方、誘い方などを思い出したのかいい感じに誘っている。

やがて「きた!」と言って巻き上げた。ゆっくり同じスピードで巻くように教える。上がってきたのは15cmほどの小ダイだ。残念なことにキス狙いなのでハリをのんでいる。しかも2本。釣った娘はドヤ顔だ。

ハリを外し、エサを付けて娘にサオを渡す。周りの人はクロダイ狙いでヘチ釣りをしていたので好きに投げさせた。

私は50mほど飛ばしてアタリを待つ。誘いはゆっくりズル巻きだ。巻き上がったらエサを交換。私は仕掛けを巻き上げると毎回エサを替える。

サンバソウをWでキャッチ

また娘が「きた!」とアワセを入れた。今度はサオがすごい角度で曲がっている。大物か、根掛かりか。サオが絞り込まれ、娘は力任せで巻いている。見ている方はドキドキだ。一応タモを持って待っていると、サンバソウ(イシダイの幼魚)が見えたと思った瞬間に飛んできた。なんとサンバソウのダブル、1匹はスレだった。周りの人たちもびっくりだ。

エサを替えて投げ込むと私にもアタリがきた。いい引きで上がってきたのはヒイラギ。その後もヒイラギばかり。娘もヒイラギを連発したが、時折ヘダイやフグなど多彩な魚を釣っていた。

漁港でチョイ投げ五目釣り 落ちギスは不発もサンバソウなど多彩にゲット多彩にキャッチし楽しんだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

午後5時を過ぎると、ずっと風に当たっていた体が冷えてきた。娘にまた小ダイがヒット。私もいいアタリがきたが、やはりヒイラギだった。

そして午後5時45分にエサがなくなり、娘が最後に珍客のシャコを釣り、マダイ2匹、サンバソウ2匹、ヘダイ、フグ、ヒイラギで納竿となった。これからは落ちギスシーズンなので、またチョイ投げで釣行したい。

<週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
清水港
問い合わせ:菅原釣り具 TEL=054(364)5743
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。