活きイカエサで高級魚「アラ(クエ)」釣り 13kg頭に本命2尾キャッチ

活きイカエサで高級魚「アラ(クエ)」釣り 13kg頭に本命2尾キャッチ

宗像市の鐘崎港から出船する遊漁船のを利用し、アラ釣りに行ってきた。この釣りを熟知した船長のサポートを得て、6kgと13kgのアラをキャッチした釣行をお届けする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

雅でアラ狙い

釣り人が憧れる夢の大型魚・アラ釣りに9月中旬、今月開業した宗像市の鐘崎港から出船する遊漁船の(みやび・川合船長)を利用し行ってきた。

当日は風もほぼなく、一日中曇り予報のこの上ない釣りびより。午前5時30分、薄暗い中ゆっくり出港。ポイントまでの間、大まかなプランやレクチャーを受ける。船長の話を聞くと、滅多に釣れない魚が幻ではなくなるような気持ちになるほど、発言の一つ一つに実績と経験に裏付けられた自信がうかがえる。これがプロの考え方か。

興味深い話でワクワク感が高まるうちに最初のポイントに到着。釣り開始からほどなくして潮が止まる潮回りであったので、最初のポイントでは短時間勝負になる。

手際よくイカを泳がせる

お手本で船長直々にイカを取り付けていただき、仕掛けを投入した。とにかくイカを弱らせないように優しく、素早く、手際よく。

海底にはさまざまな障害物がある。根掛かり防止のため、船長から細かく巻き取りm数にも指示が入る。その指示を守れば根掛かりすることもほぼないという。仕掛けも安いものではないので、指示を細かくいただけるのもありがたい。

エサのイカが大きいせいもあり、ゲストもほとんどアタらなかった。魚探には時折、ヤズの群れも映っていたらしいが、当日は大事な活きイカエサを横取りされることはなかった。

攻めて焦らして食わせる

少しして潮が止まり、その間に大きくポイント移動をする。潮が流れ始めるまでは、ベイトが映る時間帯に少しだけ落とし込み釣りもした。

その時も、イワシもいてヒラマサもいるのに食わないときの食わせ方など教わり、船長自らサオを握った際に一発でヒットさせたのは流石であった。食わせるテクニックの詳しい内容は、ぜひとも乗船してレクチャーを受けていただきたい。

そうしているうちにほどよい潮時にさしかかった。近くのアラが潜むポイントに船をつける。船長は「アラは必ずそこにいます、食います」という。エサを投入し、静かに待つ。

「私は待つ釣りも嫌いではないのです」と話したところ、船長から「アラ釣りは攻めの釣り。攻めて攻めて、かつアラを焦らせて焦らせて食わせるんだよ」と助言をいただく。

強烈なアタリから6kgアラ浮上

ほどなくして「もうすぐ沈船にあと1m寄せるので全集中して!」と声がかかる。神業的な操船技術で船を寄せる船長は、海底にある沈船の形、位置、アラの向きまでも的確に把握しているようだ。固唾を呑んでサオ先を見つめ、リールのジョグパワーレバーに指をそえる。

静かに船がそのポイントに差し掛かったまさにその瞬間、サオ先が一瞬で海中まで突き刺さる。「来た!」一瞬時間が止まるというか、その瞬間はほとんど覚えておらず、無事ヒットさせ根から切り離したあとはゆっくりとリールを巻き取り、1尾目となる6kgのアラを釣り上げることに成功。

活きイカエサで高級魚「アラ(クエ)」釣り 13kg頭に本命2尾キャッチ1尾目は良型6kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

船長いわく「少しアワセが遅かったので、アウトだったよ~」と厳しい指摘を受けたが、獲れたのはラッキー。あの強烈なアタリは中毒性が高いものである。

次のページはサイズアップの13kg堂々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。