ナイトゲームでシーバス&アジング 想定外の『ヒラ』ヒットに歓喜

ナイトゲームでシーバス&アジング 想定外の『ヒラ』ヒットに歓喜

熊本県上天草市大矢野・野釜島に架かる橋の下でのシーバス&アジングを楽しんだ。ダブルヘッダーだったがどちらも本命をキャッチできたので、リポートしたい。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

上天草でシーバス&アジング

9月17日、午後9時すぎにポイント到着。台風が通りすぎ、まだ少し風が残る時間帯だが夜中には落ち着く予報。「意外とまだ風あるな。1時間様子見るか」車中でラインノットを組み直しながら時間がたつのを待ち、10時30分から釣り開始。

今回は熊本県上天草市大矢野・野釜島に架かる橋の下でのシーバス&アジング。タックルはエンカウンター106MH、ストラディック5000XG、PEライン1.2号、リーダー5号、ルアーはサイレントアサシン(チャート)。

ナイトゲームでシーバス&アジング 想定外の『ヒラ』ヒットに歓喜タックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

橋の下の明暗狙う

「潮は右から左か~、ここは左から右がいいんだけど。今日に限っては右から左でいいな」理由は、台風の残り風が右から左に吹いているので、逆から流れがくると潮と風が喧嘩してしまい、なおかつラインメンディングがやりづらいからである。

「まずは定石の橋の下にできる明暗部だな」明暗を狙う際は、明暗の明に投げ、暗に入り込むようにルアーを引いてくるとよい。

ルアーを替え反応を探る

暗から5m離れたとことにキャスト。「なかなかキャストコントロールいるぞ」着水と同時にすぐラインスラックを巻き取り、風と流れを利用し暗に流し込んでいくと「ゴッゴッ!」「アタったけどミスったな」「アタリはある。あとはレンジとルアーのスピードだな」。

今度は明だけを通すと、こちら側もアタリはあるがあからさまにセイゴ。ルアーを替えて再度暗に流し込んで行くがアタリはない。

「5種類使ってアタったのはミノーとワームだけか。それもミノーの方がアタリはデカかったな」。

ミノーにいいサイズがヒット

風、流れ、レンジ、リトリーブスピード、アタリのデカさからミノーに。「狙うは暗から3m横」狙い通りにキャストが決まり引いてくると「ゴッゴン!」

「よし! ドンピシャ!」「ガバババッ!」「いいサイズ!」アワセと同時に、エラ洗いでフックを外そうともがくシーバスを流れに乗られないように、ガンガン巻いて寄せる。波を利用し、足元まできたシーバスをずり上げ成功!

「お~!ハーモニカ食い! これは外れんな」。写真を撮っていると、今回の同行者である釣具のキャスティング天草店の日高店長が到着。

ナイトゲームでシーバス&アジング 想定外の『ヒラ』ヒットに歓喜セイゴが一閃(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

次のページではアジングの模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。