【ハゼクラ集中講座#2】クランクベイト基本操作&狙うべきポイント

ココ最近じわじわと人気のハゼクランク。前回の「ルアーならではの魅力」編に引き続き、ハゼクラ集中講座の第2回目はハゼクラゲームならではの「狙うべきポイント」と、「基本となるルアーの操作方法」を解説していこう!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

クランクべイトとは?

クランクベイトはリップの角度で潜行深度が変わる

クランクベイトは、リールを巻くとリップが水の抵抗を受けて、潜っていくルアー。

潜る深さ(潜行深度)はリップの長さと角度で変わり、長くて角度が浅いものほど深く、短く角度のあるものは浅く潜る。

クランクベイト操作のキホン

ルアーをキャスト(投げて)して、ゆっくりリールを巻くだけでOK。この時に重要なのは、必ずボトム(底)を取ること。

ハゼは底で群れている魚のため、ボトムをとることが必須。

【なぜボトムを取ることが必須なのか?】

ハゼは基本的に底で群れている魚。ルアーの存在に気付いてもらうため。

【注意点】

クランクがボトムに到達すると、リップがコツコツとボトムを小突く感覚が手元に伝わるので、この感じをしっかりと把握する。そして、その状態が続くようにゆっくりとリールを巻き続ける。

速く巻いてしまうとルアーの動きが破綻してしまったり、ハゼがルアーを追い切れずに引き返してしまう傾向がある。手元に伝わるコツコツの途中でブルルッという感触がきたら、それがアタリ。

【アワセ】

そのままリールを巻き続ける巻きアワセか、軽くロッドをあおってアワせる。

次ページで狙うポイントを解説!