ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ

秋のロックフィッシュゲームはワームで良型が連発する傾向にあります。南房乙浜の有希丸で、ソフトルアーを使い、ビギナーからベテランまでみんなで二日間楽しんできました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

有希丸でロックフィッシュゲーム

今回乗船したのは南房乙浜の有希丸。ロックフィッシュゲームのメインターゲットは、美しい魚体と引き味が魅力のアカハタとカサゴ。

使用するロッドは、硬め~軟らかめと、40g前後のオモリを背負えるものなら好みでOK。

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ乙浜港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

初日はアカハタ全員安打

初日は7人が集まって、そのうち2人は初挑戦。

6時に出船、この日は水温が下がり、「活性が低いのでは?」と、心配しましたが、2時間を経過するころには、全員安打で本命のアカハタが釣れました。

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメアカハタのダブルヒット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

初日のアタリカラー

ルアーは、35g前後のジグヘットに3~4の魚系や甲殻類系のワームを使用したテキサスリグ。カラーはそん色なく釣れていましたが、水色が濁っていたこともあり、とくに〝うまシロエビ〟という、少しグローが入った白っぽいカラーが安定してアタリが出ていました。

普段はエサ釣りメインの金澤さんも、この日ばかりはルアーオンリーで挑戦。「ルアーだと比較的サイズがいいんだね」と、引き味を楽しんでいた様子。

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ金澤さんにアカハタ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

2日目の前半は中型メイン

2日目は9人が乗船。この日は、バス釣りで有名な村上晴彦さんが関東でのロックフィッシュゲーム初挑戦。アカハタにカサゴと、終始アタリをキャッチ。

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ村上晴彦さんにナイスサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

後半は良型ラッシュ

前半戦は30cm前後の中型が目立ちましたが、開始から3時間。突然、ど涛の良型ラッシュ到来。〝海太郎キャラメルシャッド〟4のオレキングローに連発。

ロックフィッシュゲームで37cm頭にアカハタ連打 初心者にもオススメ良型をゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

次のページではロックフィッシュの魅力を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。