プレジャーボートでジギング&タイラバ 2大本命ヒラマサ&マダイ手中

プレジャーボートでジギング&タイラバ 2大本命ヒラマサ&マダイ手中

糸島沖へプレジャーボートにて近海ヒラマサとマダイ狙った。今回は、同船者が良型のヒラマサ、マダイをそれぞれ釣ることができ、楽しい釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

糸島沖でタイラバ&ジギング

先日、ヒラマサが釣れたポイントで、まずはキャスティングをしてみることにした。

近場のヒラマサキャスティングのポイントを小型のペンシルで攻めてみたが、先行者がいたためか本命のヒラマサからの反応がなく、釣れなかった。

また、ヒラマサではなかったが、1mオーバーのシイラが同船者に掛かったものの、ランディング時にバラしてしまった。

移動繰り返すも振るわず

次のポイントではジギングでヒラマサを狙ってみたが、ここでも釣れず、いったんヒラマサをあきらめることにし、次のポイントではタイラバでマダイを狙ってみることにした。

最初はタイラバではマダイが食わずエソやアコウが釣れるのみ。良型のアタリはあったが、ハリ掛かりしなかった。

そして、いろいろなポイントを回り、タイラバとヒラマサを交互にやっていったが、小型のヒラマサを同船者がジグで釣ったのみで、思うような釣果にならず、夕方になってしまった。

良型ヒラマサ&マダイ揃い踏み

そこで午前中にやったジギングポイントで再度ジギングをしてみたところ、同船者にヒラマサがヒット!3kgオーバーの良型ヒラマサをゲットした。

プレジャーボートでジギング&タイラバ 2大本命ヒラマサ&マダイ手中小山さんは3kg超のヒラマサをゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

また、瀬の外れたところではタイラバで良型マダイが釣れた。

最後に、最初にやったキャスティングのポイントで同船者にルアーを投げてもらったところ、良型ヒラマサがヒット。ブイにヒラマサが走っていったのでヤバいと思っていたら、ラインブレイクしてしまった。

ここで納竿時間となったため終了。

プレジャーボートでジギング&タイラバ 2大本命ヒラマサ&マダイ手中同船者が良型マダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

今回は大型のヒラマサやマダイを釣ることができなかったが、同船者が良型のヒラマサ、マダイをそれぞれ釣ることができ、楽しい釣行となった。

これからどんどんいろいろな魚が釣りやすくなる季節になるので、楽しんで行きたいと思っている。

<週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。