小型~中型サバを軽量メタルジグで釣る方法 夜間は難易度高め?

小型~中型サバを軽量メタルジグで釣る方法 夜間は難易度高め?

アタリはするけど乗らないサバ。厄介なターゲットだ。小型から中型までは、アジングでは本当に釣りにくい。ヤツらをどうするか?今回はメタルジグでの攻略を考えてみた。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

乗らないサバをどうするか

前回、同様の趣旨で、なんとか小サバ乗せるためのアジングでのテクニックを紹介した。

今回はアジングから離れて、まだアジが入りきっておらず、サバの海となっている状態での攻略方法を考えてみる。攻め方そのものを、ジグ単から、メタルジグにかえてしまおう。

私もこの方法にかえてから、サバ乗せられないフラストレーションからは解放された。そもそもアジングでなんとかサバを、というやり方がよくなかったのかもしれない。メタルジグを使う方が圧倒的に釣りやすく、さらに、日中でもあっさりと釣れてしまうのだ。

メタルで集めて掛ける

まず日中にエントリーする。そうすれば、あとは簡単。アジングタックルでやるならば、3g程度のメタルジグを使う。投げる。釣れる。

小型~中型サバを軽量メタルジグで釣る方法 夜間は難易度高め?3gメタルジグでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

日中のサバというのは、ベイトフィッシュパターンが多いらしい。もしかするとナイトもかわらないかもしれない。重めのジグヘッドでワームをシェイクするか、シャッドテールワームで巻きパターンで釣ってもよさそうだ。

もう少しタフな、15gくらいまでのジグが投げられるタックルがあるならば、10g程度のメタルジグをつけて、その上にジグサビキをつけて投げると、連掛けできる。3つくらい連掛けすると、サバといえどもまあまあの引きをする。

光量が大きなキー

メタルジグが効くのは、光量がある時間だ。つまり日中がメイン。メタルジグのフラッシング効果に、リアクションバイトしてくるのだろう。筆者も早朝、夕マヅメと試したが、ほとんど食ってこない。おそらくジグを視認できなくなるせいだろう。

ただ、光さえあればジグの効果に集まってくるので、夜でも外灯下などはメタルジグが効くかもしれない。

次のページでナイトの釣り方を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。