アジングゲームで20cm超え本命連発 フロートリグでの遠投が的中

アジングゲームで20cm超え本命連発 フロートリグでの遠投が的中

通詞島(熊本県天草市)に釣行。シーバスを狙ったが不発だったので、鬼池港へ転じてアジング。フロートリグで良型が入れ食いになった釣行をお届けする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

シーバス狙いは難渋

9月11日、釣友の中村さんと通詞島(熊本県天草市)に釣行。当日は雲り~雨で、シーバスにはもってこいな天気。午後6時に現場に着き、タックルを準備。

堤防先端に到着し、常連のアジ釣りの人にあいさつがてらシーバスの話を聞くと、長雨の後からまったく見なくなったとのこと。「確かにこの前釣れたことは釣れたが、サイズもでなくなったし数も減った気がしたな」。

とりあえず常夜灯の明かりが効力を発揮するまで待機。8時前に明かりが効いてきたのか、ベイトがちらほら。「来たな、小さいな。ワームだな」。

エギングタックルを手に取り、5gジグヘッドとワームで応戦!「あ、あ~!アタるけどな~、食わないな~」。

何投かしているとアタリもなくなってきて、また浮上するまで待機。だが1時間、2時間たっても浮上してこず、代わりにアジと小サバの活性が高くなり、水面バチャバチャ状態。

アジングに転戦

ただ待つのも何なので、アジを狙ってみることに。タックルはそのままリーダーを細くし、飛ばしウキを付け、ジグヘッドはクレイジグレンジキープ0.4g、ワームはクリアボディーに赤ラメを使用する。オレンジの常夜灯では、このワームがものすごく効く。

わずか2投目、心地よいアタリとともに釣れたのは、20cmないぐらいのアジ「小さいな」。

アジ釣りの人にあげ、釣りを再開するが全部20cmないぐらい「ん~つまらん」。

中村さんに「もう少し大きいアジ釣り行く?」と提案し、通詞島のシーバスとアジに見切りを付け鬼池港に。

鬼池港で20cm超アジ

到着後、中村君のタックルにも飛ばしウキとリグを結んであげて、アジ釣り再開!

それと同時に中村君にアジ!ドラグは緩めに設定しているため「ジッジッジーーッ」と心地よいドラグ音。「ゆっくりでいいからね~。口切れするから」。

アジングゲームで20cm超え本命連発 フロートリグでの遠投が的中タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

上がってきたのは通詞島よりふた回りほど大きい20cmオーバー!「この釣り、面白いですね~」「でしょ?0.4gのジグヘッドが、はるか60m先に届くんだからね。アジもビックリよ(笑)」。

私も赤ラメワームを使って遠投し、表層を探ると「ジッジッジーーッ!」「あ~、確かに通詞島より型がいいわ」。ゴボウ抜きしたのは、中村君と同サイズ!「まだまだ釣れるぞ!」。

次のページで良型アジ2ケタ超え!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。