ジギング&キャスティングゲーム堪能 マグロにヒラマサと対面

ジギング&キャスティングゲーム堪能 マグロにヒラマサと対面

久々にジギング&キャスティングで釣行してきた。コシナガマグロにアコウなどをキャッチした釣行をリポートする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ジギング&キャスティングゲーム

9月8日、山口県下関市涌田漁港のカタリナにお世話になり、久々にジギング&キャスティングで釣行してきた。

前日からの雨風が残り、出船中止の可能性もあったが、徐々に天候は回復の予報。船長に無理をお願いして出船時間を遅めの午前9時にしてもらい4人で出船。

ウネリがきつくメインポイントの汐巻までは行けそうもないので、角島周辺でジギングをしながら波が落ち着くのを待つことに。水深は65~70m。150~200gのジグを使い、中層まで丁寧に誘うが反応はない。

40cmヤズから顔見せ

ジギング&キャスティングゲーム堪能 マグロにヒラマサと対面タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

数流し目、底から5シャクリくらいでヒットしたのは40cmほどのヤズ。さすがに小さいのでリリースし、再びシャクり続けるが船首で大ウネリに揺られ、久々に船酔いでダウン……。

1時間ほど寝ると回復し、目覚めると晴天で波も穏やかになっていた。船上に出ると同船した大山さんが大物とやり取り中、ランディング直前にバレてしまったがメーター超えのシイラだった。

キャスティングでコシナガマグロ

私が寝ている間に船は汐巻へ移動。鳥山を発見し、キャスティングをしていたそうだ。私も急いでキャスティングの準備をしていると、同船した井上さんにもシイラがヒットするも、すぐにフックアウト。まだまだ近くに群れがいるようだ。

私もキャスティングを開始。数投目、ルアー後方で水柱が発生しフッキングに成功!あまり重量感はないものの、シイラ特有のジャンプもしない。上がってきたのは4kgほどのコシナガマグロ。

ジギングで良型アコウ

徐々に鳥の姿もなくなったので、ジギングに専念することに。数流し目、底付近でヒット。あまり抵抗感もないので根魚だろうと船長と話していた時、船首で釣りをしていた井上さんにヒット。

ジギング&キャスティングゲーム堪能 マグロにヒラマサと対面筆者はアコウをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ドラグを鳴らして抵抗する魚に船内大盛り上がり。私が無事釣り上げた35cmクラスのアコウは放置され……皆で井上さんの動向に注視する。

ジギング&キャスティングゲーム堪能 マグロにヒラマサと対面良型アコウゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

次のページで良型ヒラマサ堂々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。