初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:ターゲットと有効な使い方とは?

初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:ターゲットと有効な使い方とは?

ショアジギングでは、ジグの上に「ジグサビキ」という仕掛けをつけて、アジ、サバ、小型青物などを狙うことができます。ここではジグサビキの基本について解説しましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ジグサビキとは

ジグサビキとは、その名前の通りですが、メタルジグの上につけるサビキのことです。

初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:ターゲットと有効な使い方とは?メーカー品のジグとジグサビキ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

参考の上の画像ですが、2セット入りで400円程度と安価なものです。実は私はこのジグサビキをすでに1本で3釣行利用していますが、まだ使えるレベル。とはいえ、基本的には一回使い切りのものなので、釣行のたびにフレッシュな新品を使うことを推奨します。

構成

ジグサビキの構成は、上から、リーダーを結束する「スイベル」、そして「ミキイト」、ジグサビキのついた「エダス」の先に「ハリ(サビキバリ)」が大体2つ程度あり、その下にミキイトがもう少し伸びて「スナップ」がついていて、そこにジグを取り付けるというものです。

普通にショアジギングするならば、リーダーの先にスナップをつけてそこにメタルジグを取り付けるわけですが、そのあいだに「ジグサビキ」がくる、という仕掛けになります。

使いどころは日中

ジグサビキの使いどころですが、基本的には日中です。それも海に光量が多い、晴れの日の朝や昼を勧めます。

そもそも暗い海では青物類は基本的にメタルジグを視認できません。よって、ジグサビキの使いどころも日中となるわけです。

多彩なターゲット

続けて、ジグサビキのターゲットについてです。

アジ、サバといった小型の回遊魚、そしてツバス(ブリの若魚)やシオ(カンパチの若魚)や小型のタチウオなどが狙えます。特に何が釣れやすいということもありません。回遊している魚で、ある程度活性が高ければ、ジグサビキに食ってきます。筆者は最近始めたスーパーライトショアジギングで、25cm程度のサバを釣りまくっています。

初心者の味方「ジグサビキ」のキホン:ターゲットと有効な使い方とは?ジグサビキでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ジグサビキのサイズに留意

ジグサビキにはサイズがあります。上の画像の商品だと、S、M、Lとあって、それぞれミキイトとエダスの号数、ハリのサイズが異なり、これによって釣れる魚もかわってきます。

筆者は中サバと小タチウオにMを使っていますが、もう少し大きな魚ならばL、小アジや小サバならばSと使い分けるべきでしょう。

次のページでジウサビキの使い方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。