大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意を

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意を

大阪南港にタチウオが入ったとのことで、今回は早朝にサオを出した。本命は出なかったが、サバの大群に恵まれ100尾を軽く超える「大釣り」を経験した釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

当日はこの潮回りではラストの大潮。午前7時ごろに上げきり、ということで準備とサーチの意味もこめて、午前4時30分にスタートした。

評判では、朝マヅメ一発、もしくは日が明るくなってから短時間集中でバタバタと釣れて終わる、ということ。まずはワインドで小手調べ。しかし、反応しない。夏ならすっかり朝という時間だが、9月の終盤なので、日の出が少し遅いのだ。

オールグローのメタルジグもg数をかえながら試してみる。アタリがない。

うーん、釣っている場所が悪いのだろうか?しかし短い朝マヅメの時間帯に場所を動く方が危険だと考え、ここは腹をくくって日の出の時間を待った。

日の出タイミングでサバ登場

5時48分、iPhoneの気象予報でピッタリ日の出の時間に、ファーストヒット。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をファーストヒットのサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

サバ。メタルではサバになるので、ワインドにかえたが、ワインドにもサバが食ってくるので釣り分けられない。というか、どれだけぶっといシルエットのメタルも、g数も、すべてサバになってしまうので、ここで今日の狙いはサバに切りかえた。この潮回りのサバ、アベレージ25cm程度と、ショアから釣れるサイズではなかなかの中サバなのだ。

1つのルアーに2尾も

メタルのフロントとリアのフックに2尾掛けも連発。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をメタルジグに2尾サバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そしてジグサビキをつけて3尾掛けも連発。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をジグサビキで3連サバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

レンジも着水点も関係ない。キャストして着水した瞬間にサバが食う。足元にメタルを落としてもサバ。ジグがテーリングしてしまっても、ジグサビキに食う。入れ食い状態。私が写真に残しているのを後からカウントしただけでも88尾。もしかしたら200尾に迫る釣果だったかもしれない。

ベイトはカタクチイワシ?

釣ったサバが面白いくらいちゃんとカタクチイワシを食っていた。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をベイトのカタクチイワシ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

カタクチを追いかけている姿も見られ、また、ジグサビキにカタクチが掛かった。これは間違いないだろう。ベイトフィッシュパターンのサバだ。最近の大阪南港のサバ、どうにもアジングで釣りにくいと思っていたら、プランクトンでなく、カタクチベイトだったのだ。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をカタクチイワシがジグサビキにヒット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに、この日メインとした10gのジグとカタクチとサバのサイズを比較するとこうなる。

大阪南港で回遊中のサバをルアーで狙う 不意の重量級ヒットにご注意をマッチ・ザ・ベイト?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでは大物のバラシ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。