2021年秋は新子アオリの当たり年? エギングで750g親イカ含め連発

2021年秋は新子アオリの当たり年? エギングで750g親イカ含め連発

今年は秋の新子アオリイカが好調の模様。新子だけでなく750gの親イカもキャッチすることができたエギング釣行をお届け。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森英雄)

森英雄

明石 大蔵海岸がホームグラウンド。 ルアーフィッシングメインの五目釣り師です。 ハードボイルド風釣行記「明石 大蔵海岸 釣り情報」を運営中。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

新子アオリイカの当たり年?

ここ数年あまりいい釣果に恵まれなかった大蔵海岸の新子アオリイカだが、今年はエギに反応する新子の姿も多く、新子アオリイカの当たり年のようだ。

そんなわけで時間があれば新子狙いに大蔵海岸詣でをする日々。9月15日も前日から降り続く雨が止むのを待って、新子アオリイカ狙いで大蔵海岸へとエギング釣行した。

当日のタックルと状況

2021年秋は新子アオリの当たり年? エギングで750g親イカ含め連発当日のタックル(作図:TSURINEWSライター森英雄)

あまり強いロッドだと新子の引きが楽しめないので、いつものようにライトゲーム用のロッドを使用した。リール他は通常のエギング用のものである。

当日の状況

釣行日時:9月15日 8時~10時
潮汐:小潮3日目
ポイント:「龍の湯」前の護岸一帯

大蔵海岸に到着したのは午前8時。雨が止むのを待っていたので、かなり遅い出撃となった。前日からの雨の影響が心配だったが、海は濁りもなくいつもとかわらない。これなら新子のサイトフィッシングも大丈夫だろう。

早々に新子キャッチ

さっそくタックルを準備して新子探しだ。海面を注意深く見つめながら歩いていると、すぐに数匹の新子の群れが浮いているのを発見した。新子の向こうに2号のエギを投げ入れ、しっかりと沈めてから一気に表層へとシャクり上げる。

ボトムから右へ左へとダートしながら水面直下まで上がってきたエギを、好奇心旺盛な新子たちが追いかけてきた。そしていつものことだが、エギの数cm手前でピタッと止まり、ゆっくりと後ずさりしていく。

ラインテンションを抜いて、水面直下でドリフトさせていたエギをフォールさせると、新子が追いかけるが、また数cm手前で止まる。

パンパンパンッと再度エギを表層までダートさせて水面直下でステイ。今度は1杯の新子がエギにイカパンチを繰り出す。目の前のエギ(エサ?)が気になって仕方がないようだ。

もうこうなったら釣れたも同然。エギをフォールさせてもう一度表層までシャクり上げて止めると、たまらずエギに抱きついた。

2021年秋は新子アオリの当たり年? エギングで750g親イカ含め連発新子アオリをキャッチ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

コロッケサイズの新子だが、小さくてもやはり釣れればうれしい。幸先よく新子アオリイカを1杯ゲットして、次の新子の群れを探してポイントを移動する。

新子との駆け引きを楽しむ

今年は新子アオリイカの当たり年だけあって、すこし歩けばすぐに新子の群れが見つかる。エギをキャストしようとした時、後ろから声を掛けられた。「おはようございます」という声に振り向くと、いつも青物のノマセ釣りをされている常連のOさんだった。ぼくと同様、雨が上がるのを待っていてこれから釣り開始とのこと。挨拶を済ませて新子狙いに戻る。

見つけた新子の群れの少し先にエギをキャストしボトムまで沈める。一気に表層までダートさせてくると、エギめがけてワッと新子の群れが飛び掛かってきた。が……、カンナの手前でピタッと止まる。新子のサイトフィッシングは、このエギを抱きそうで抱かないハラハラドキドキのやり取りが楽しいのだ。

もう一度エギをボトムまでフォールさせる。今度は表層までダートさせるのではなく、エギが見えるか見えないかという辺りでステイ。危険なことが多い表層ではエギを抱かないイカも、深いところなら意外と簡単にエギを抱くことがある。ステイさせていたエギをチョンチョンと軽く動かす。新子が周りを取り囲んで用心深くエギを見ている。次はどんな手を繰り出そうか……。

次のページで親イカ発見!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。