ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?

ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?

キスが接岸し始める晩夏から初秋にかけては、ピンギス中心ながらちょい投げで比較的簡単に数釣れる。今回はキスの爽快なアタリを求めて釣行した明石川河口サーフでの釣りをリポートする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森英雄)

森英雄

明石 大蔵海岸がホームグラウンド。 ルアーフィッシングメインの五目釣り師です。 ハードボイルド風釣行記「明石 大蔵海岸 釣り情報」を運営中。

×閉じる

海釣り 投釣り

当日の状況とタックル

釣行日時:9月12日 午前4時~11時半
潮汐:大潮の後の中潮4日目
ポイント:明石川河口サーフ

ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?チョイ投げのキス釣り仕掛け(提供:TSURINEWSライター森英雄)

釣果に恵まれていない今季

実は6月、7月、8月と月1回のペースで明石川河口サーフにキス狙いで通ったが、今季は数・型ともにあまりいい釣果に恵まれていない。

キスの群れが小さいのか、それともぼくの腕が悪いのか……。理由ははっきりしないが、何とか今日はキスのいるポイントを探しだして少しでも多くのキスの顔を見たいと思う。

下げ潮の間はポツポツ

仕掛けをゆっくりとさびいていると、いきなりガツンっという衝撃が手元に伝わり、続くブルルルンっでロッドが海中に引き込まれそうになる。25cmを超えるような大ギスのアタリは本当に強烈の一言だ。パールピンクの可憐な魚体のどこにそんなパワーが潜んでいるのかと思う。

そんなガツンっという衝撃がロッドを襲ったのは夜明け直後だった。良型のキスに間違いない!仕掛けをさびく手を止め息を殺して次の魚信を待ったが、それに続くブルルルンっがこなかった。

最初のうちはキスの活性が分からないため、石ゴカイを一匹掛けにしていた。おそらく垂らしの部分だけを食い逃げしたのだろう。

次のアタリは最初の大アタリに比べるとかなり控えめなもので、上がってきたのは10cmほどのピンギスだった。小さくてもその日最初の魚はうれしいものだ。

ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?1匹目のピンギス(提供:TSURINEWSライター森英雄)

さあ次だ、と仕掛けを投げ返すがアタリは続かない。どこのポイントにも通用することなのか、それとも明石川河口サーフに特有のものなのかは分からないが、潮が下げている間はいつもアタリが遠いように感じる。

上げ潮になりアタリ増加

下げ潮の間は我慢の釣り。ポツポツとアタリを拾ってピンギスを釣っていたが、潮が上げ始めてから徐々にアタリが多くなってきた。ガツンっとまではいかないが、キスらしい爽快なアタリでパールピンクの魚体が姿を見せる。

ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?上げ潮が効きだすと活発に(提供:TSURINEWSライター森英雄)

魚全体の活性が上がってきたのか、河口域ではおなじみの外道、20cmほどのキビレや、これまた明石川河口サーフではおなじみの外道、チャリコも釣れる。キビレにせよチャリコにせよ、体高があるだけに重量感のある引きで楽しませてくれるが、今日の目的はあくまでもキス。

ちょい投げキス釣りでピンギス中心32匹 波打ち際は丁寧に探る価値あり?チャリコもヒット(提供:TSURINEWSライター森英雄)

次のページでポイントを見つけて連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。