東京湾沖のルアー五目釣り 良型サワラにタチウオキャッチに笑顔

東京湾沖のルアー五目釣り 良型サワラにタチウオキャッチに笑顔

東京湾のサワラをメインターゲットにしたルアー五目釣りに出かけました。本命サワラにタチウオをキャッチした釣行の模様をリポートします。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

東京湾サワラゲーム

9月5日(日)、東京湾のサワラをメインターゲットにしたルアー五目釣りに出かけました。毎年、秋から冬にかけて釣り人を虜にするサワラゲーム。年に一度は必ずチャレンジしています。今年は例年より早いスタート。

6時30分に受け付けを済ませると、人気のミヨシ側はすでに埋まっていたので、左舷トモに釣り座を確保。さすが人気の釣り物だけに、天候が悪いにもかかわらず船上は熱気ムンムン。

定刻に出船すると、1時間半ほど走って木更津沖のポイントへ。サワラは、魚探のベイト反応とナブラ、それを上空から狙う鳥の動きによって魚群を捉えるトップゲーム。つねに目視で魚を追う釣りは、よりテンションが高まります。

やがて、「やってみましょうか。ベイト反応は10mくらいまで(水面から)。底にも反応があるので、広く探ってみて下さい。」と船長の合図でスタート。仲乗りはキョロキョロと360度見回し、ナブラやトリヤマを探します。

タチウオの気配で欲張り作戦

開始間もなく、雨が降りだし、風も少し強くなって視界が狭くなるので、船中全員の情報共有が重要になりそうです。ミノーをなるべく遠くへキャストして、魚を誘い出すのが主流。魚が跳ねていれば、ルアーをどこに投げればいいのか分かるけど、それがないとどこ狙えばいのか迷ってしまいます。

しばらく全員でトップを狙うけど反応なし。唯一、大ドモでイナダがヒットしただけ。そこで、釣り仲間がジグでボトムを探ってみると突然竿が曲がって、かなりの引き。上がってきたのは、水面でギラリと光るタチウオ。それも、間違いなくドラゴンと呼べる大型。

目の当たりにした私は、思わずルアーチェンジ。中層から反応を見ながらどんどんボトムにかけて下を探っていき、「サワラもタチウオもどっちも狙ってしまおう」という欲張り作戦を取ることにしました。

東京湾沖のルアー五目釣り 良型サワラにタチウオキャッチに笑顔ドラゴン級タチウオ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

本命サワラ急襲

45gのジグヘッドに4.5inchワームをセットして狙うと、巻き始めから間もなく重みを感じ、竿を立てると突然魚が反転して横走り。グングン引くので、周囲とオマツリしないよう、少し強引に引き寄せていくと、タモを構えた仲乗りが「ん?サワラだ!デカいよ」と叫びます。船下まで寄せたところで、迫力ある本命の姿を確認。一気に緊張感が高まります。

東京湾沖のルアー五目釣り 良型サワラにタチウオキャッチに笑顔ワームでサワラを上げた(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

この魚はタモ入れの瞬間が勝負。網を嫌がり船下に思い切り突っ込むので、その瞬間鋭い歯でリーダーを切られてしまいます。なので、焦りは禁物。落ち着いて慎重に……と、自分に言い聞かせ、ネットを持って構える仲乗りと息を合わせ無事ネットイン。

試行錯誤で本命のヒット拾う

このあと、魚影を探しながら移動を繰り返し、「跳ねた、あっち、右!」と、船上で声が飛び交います。思うようなナブラは発生しないものの、みんなキャストに力が入ります。

しばらくして、ミヨシ側でブレード付きのジグにヒット。その後、連続でもう1尾追加。この日はトップより、少し沈ませたほうが打率はいい感じでした。

東京湾沖のルアー五目釣り 良型サワラにタチウオキャッチに笑顔ミノーで仕留めたサワラ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

船長はそのたびヒットルアーを確認したり、右舷と左舷交互に流し替えて、偏りなくチャンスがあるように配慮。胴の間でもポツリポツリと本命が上がります。釣れた魚は血抜きして大型クーラーに保管。

次のページでタチウオ登場&サワラ料理!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。