落とし込み釣りでヒラマサやブリ乱舞 船中青物30尾にアコウなども

落とし込み釣りでヒラマサやブリ乱舞 船中青物30尾にアコウなども

福岡県宗像・大島の第二大福丸に落とし込み釣りで釣行。船中でヒラマサ、ブリは30尾、アコウにアラカブが交じり満足の釣果を得た釣行をリポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸で落とし込み

9月7日に福岡・宗像・大島の第二大福丸に落とし込み釣りの予約を入れた。当日の天気は南の風でウネリは2~1.5mに落ちる予報で、神湊港に着くと風もない。出港時間は午前5時30分で、みんながそろったところで出港。2人がキャンセルとなり、7人での釣りだ。

大島をすぎて沖に出てみるとウネリもなく、ポイントに着くまで前の船室に入って仮眠をとる。

落とし込み釣りでヒラマサやブリ乱舞 船中青物30尾にアコウなどもタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

釣座は私が右舷胴の間で手島さんが機関場、中垣さんが船尾2番、佐田さんが船尾、左舷ミヨシに鍵本さんで、残り2人が機関場と船尾だ。同船は探見丸システム搭載船で、落とし込み釣りには便利な船だ。特にベイトの位置や海底の状況を見ながら、魚礁があれば仕掛けを海底から3~6m上げて魚礁をやりすごしつつ釣りができる。

早々に船中ヒラマサ顔出し

前回は朝のうちはベイトが海底にへばりついていたが、この日のベイト(イワシ)は海底から5~10m上で群れをつくっており、群れの上は海底から20mのところまでいた。私は探見丸を見ながらベイトの層まで仕掛けを落とし、仕掛けにベイトのイワシが付くとそのまま海底に落としてアタリを待った。

青物がいるようで、仕掛けに付いたイワシが暴れだした。そして、エサに青物が食いついてサオ先が海面に突き刺さるアタリが出る。サオはサオ受けに付けたままリールを巻き上げると、ミチイトが巻けずリールからイトが10mほど出ていく。

海底近くでやり取りをしながら浮かせようとするが、魚が大きいのでなかなか浮いてこない。4、5回やり取りしたがバラしてしまった。すぐに上げて仕掛けを見てみると、仕掛けには痛みはなかった。どうやら青物の唇にハリが掛かって切れたようだ。

落とし込み釣りでヒラマサやブリ乱舞 船中青物30尾にアコウなども良型手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

鍵本さんの1投目にもアタリがでた。引きもよく上がってきたのがヒラマサ3kg級。中垣さんにもアタリがでて、サオを見るとよく曲がっており、上がったのはやはりヒラマサ3kg級だった。

青物中心に連発

佐田さんの1投目はハマイサキでなくフエフキモドキ。手島さんは朝のうちはエサになるイワシは付いたものの青物のアタリが出ないと嘆いていたが、9時すぎ、手島さんのサオにアタリがあり、ヒラマサの3kg級が釣れて喜ぶ。

10時ごろ、鍵本さんに釣果を聞くとまだ3尾とのこと。私は4~5尾は掛けており、私と中垣さんがトップ争い中。私が掛けるとすぐに中垣さんも掛ける。上がってきたのはヒラマサ3kg級。

手島さんの当日の目標は4尾釣りたいと頑張っていたが、魚が大きかったのか4尾目は根に走られて根掛かりしてバラしてしまった。佐田さんは、アタリはあるものの釣れるのはアコウやハマイサキなどだ。そんな佐田さんにいいアタリが出て、ブリの6kg級が釣れた。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。