「アジング」でルアー釣りデビューのススメ 少し難しいけど釣り甲斐アリ

「アジング」でルアー釣りデビューのススメ 少し難しいけど釣り甲斐アリ

秋は釣りデビューに最適な季節です。天候も落ち着き、また海の魚の活性も高く、いろいろな釣り物が狙えます。ルアーフィッシングに挑戦しようというならば、アジを狙う「アジング」がおすすめです。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「アジング」とは何か

そもそも「アジング」とは何でしょうか?

アジを狙う釣りといえば、「サビキ釣り」というものをみなさんイメージされるのではないでしょうか?生エサを使った釣りで、アジが複数のハリに連なるように釣れる、漁港なんかでよく見る光景ですね。

「アジング」は、定番のサビキ釣りとは違います。ルアーフィッシングです。ルアーというと疑似餌のことで、エサに似せたものを使います。タックル、といって、使う道具(サオとリールなど)もサビキとはまったく異なってきます。生エサのサビキ釣りのイメージは一度完全に捨ててしまい、「アジング」というものを考えた方がいいでしょう。

「アジング」でルアー釣りデビューのススメ 少し難しいけど釣り甲斐アリサビキとの違いを理解して(提供:TSURINEWSライター井上海生)

「アジング」は疑似餌を使う分、生エサよりも釣れやすさは落ちます。ただ、この魚は通年釣れるようなイメージがありますが、実は陸からでは主に「秋」にしか釣れません。その他の時期は難しい釣りとなります。そして最盛期である秋には、アジングでもサビキでもそこまで釣果がかわりません。また、その都度エサを用意する必要がないため、ルアーを使うアジングの方が、コスト的にも安くつきます。

少し難しい釣り?

タックルや釣法の解説に入る前に、アジングは少々「難しい釣り」であることに触れておかなければなりません。「ライトゲーム」といって主には小魚を狙う釣り物の中では、最大級に難しい魚。アジは性格的に繊細なのです。活性が高いときにはメソッドなど無関係にポンポン釣れますが、少しでも負の要素が絡むと、まったくの無になることもあります。

現に筆者の経験から言うと、2020年は1年中大阪湾周りでほとんど1尾もアジを釣っていません。2019年は一晩50尾以上もザラでしたが、その翌年は無。そもそも回遊がなかったのですが、それくらいその行動性自体が”お天気”の魚ともいえます。

「アジング」でルアー釣りデビューのススメ 少し難しいけど釣り甲斐アリたくさん釣れたり無反応だったり(提供:TSURINEWSライター井上海生)

さらにアジングは近年非常に人気の高い釣りで、限定された場所に多くの釣り人が入るので、奪い合いです。しかしそれでも最盛の秋には、あらゆるチャンスがあるので、そのような魚の機嫌や人的プレッシャーを考慮に入れても、釣りたい魚です。

何より食味が美味。そして釣りデビュー前のみなさんは想像もしないことかもしれませんが、アジはあんな小さな魚体でも専用タックルで釣ると、本当にすばらしい手応えある引きを見せてくれます。

アジングタックル

アジのルアーフィッシング、「アジング」。タックル要件は次の通りです。

・ロッド 5ft後半~6ft前後
・リール スピニングリール1000番または2000番
・ライン エステルライン0.2~0.3号 もしくはPEライン0.2~0.3号
・リーダー 3~5lb 40~60cm程度
・リグ 0.2~1.5gのジグヘッドにワーム1.5~2inch

「アジング」でルアー釣りデビューのススメ 少し難しいけど釣り甲斐アリアジングタックル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

以上のものです。詳しいことは、お近くの釣具店のスタッフさんに聞くといいでしょう。また動画投稿サイトにも多くの情報が上がっているので、「とにかくまず」とトライするよりも、しっかりと情報を仕入れてイメージを作り、最初の数回は練習というつもりでやった方がいいかもしれません。群れに当たれば、かならず1尾以上は釣れます。

次のページでアジングの釣り方を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。