秋の『新子』アオリイカシーズンスタート 2日間のエギングで12杯

秋の『新子』アオリイカシーズンスタート 2日間のエギングで12杯

9月といえば、新子アオリイカのシーズンだ。状況を探りに兵庫県の大蔵海岸へエギングゲームに出かけた。2日間で12杯をキャッチした釣行をお届け。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森英雄)

森英雄

明石 大蔵海岸がホームグラウンド。 ルアーフィッシングメインの五目釣り師です。 ハードボイルド風釣行記「明石 大蔵海岸 釣り情報」を運営中。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

アオリイカの新子シーズン

秋雨前線による季節外れの長雨のため、せっかくのお盆休みの釣行計画が台無しになった。本当なら今ごろは80cmオーバーのシーバスやら10kgオーバーのブリ、年無しチヌやらを釣ってウハウハだったはず……。などとバカな妄想をしているうちにも時節は進み9月に入った。

9月と言えばすくすくと育ったアオリイカの新子が元気に相手をしてくれるはず。と言うことで、9月1日、5日とアオリイカの新子の状況を探りに大蔵海岸へと釣行した。

人気釣り場「大蔵海岸」

大蔵海岸は転落防止柵のある足場のいい護岸で、トイレや駐車場も完備されている。JR朝霧駅から5分と電車釣行も可能であり、手軽にエントリーできる釣り場ながら、明石海峡に面しているため釣りの対象魚種は豊富。ファミリーや女性からベテラン釣り師まで1年を通してにぎわっている人気の釣りスポットである。

秋は魚種豊富に狙える

秋は最も多くの魚種が狙える季節。早朝から青物狙いのショアジギンガ―が所狭しと並び、明石海峡に向けてジグを投げてはジャークを繰り返すのは、この時季の風物詩のようなものである。

新子エギングゲーム

秋の大蔵海岸でアングラーに人気の魚種のひとつがアオリイカの新子だ。瀬戸内(明石)におけるアオリイカの産卵は、ゴールデンウィーク明けから7月いっぱいぐらいまで。その卵が孵化してエギで狙える程度にまで育つのが9月なのだ。今回はいよいよアオリイカの新子のシーズン開幕の大蔵海岸で、アオリイカの新子狙いである。

新子エギングタックル

新子の引きを楽しむには通常のエギングロッドでは強すぎるので、ライトゲーム用ロッドの「3代目クロステージ CRX-T862M」を使用した。リール他は通常のエギング用のものである。

他タックルはタックル図を参考いただきたい。

秋の『新子』アオリイカシーズンスタート 2日間のエギングで12杯私のタックル(作図:TSURINEWSライター森英雄)

9月1日の状況

釣行日時:9月1日 3時~10時
潮汐:長潮
ポイント:「龍の湯」前の護岸一帯

次のページでいよいよ実釣スタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。