最低限知っておきたい『アジング』用語集 キホン押さえて最初の1尾を

最低限知っておきたい『アジング』用語集 キホン押さえて最初の1尾を

アジングの敷居をまたぐためには、まず、用語面の知識を多少は持たなければならない。その上で釣り動画を見たり、実践すれば、釣果がついてくるはず。ここでは、アジングに関する基本的な用語を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「アジング」とは何か

そもそもアジングとは何か?これを知らない人も多いようだ。アジングとは、アジのルアー釣りのこと。サビキなどと違い、生エサは使わない。ライトゲームの中でも独特の世界観というかタックル構造を持つもので、本格的に狙うならば「メバリングの片手間に」と考えない方がいい。実際、時期的にもメバルが出てくる冬まで、秋こそが、アジングの最盛となる。

最低限知っておきたい『アジング』用語集 キホン押さえて最初の1尾をアジングはアジのルアーフィッシング(提供:TSURINEWSライター井上海生)

一般的にアジングというと、ジグ単(ジグヘッド単体)の釣りを指す。筆者の実体験から言うと、98%がジグ単である。練習の参考となる釣り動画でも、大体はジグ単の釣りがアジングの前提となっており、そうでない場合はたとえば「メタルでアジ」などの文言が入っている。覚えておこう。

タックル関係

では、タックル関係から解説する。

アジングロッド

アジングに使用するロッドのこと。5~7ft程度のショートレングスと、サオ先までハリの強い仕様が特徴。ファストテーパー(先調子)のサオが多いのは、硬いロッドの方がアジのアタリを感じ取りやすいため。またフッキングレスポンスもいい。

ちなみに現今のアジングでは5ft後半~6.4ft程度がスタンダードなレングスとなる。

リール

イトを巻きキャストをして巻き取る道具。リールは、スピニングリール1000~2000番が主流となる。アジングはスローにリグを見せるのが基本で、ローギアが推奨される。

ライン要件

続いて、ライン周りで頻出の用語を紹介する。

PEライン

ポリエチレンライン、撚りイト。強度は高いが浮力があるという点で、1gアンダーのリグを頻用するアジングでは少々運用しにくいが、0.06号というワカサギ釣りのものを持ってくるなど、あえてPEにこだわるツウもいる(一般には0.2号推奨)。何より強くライントラブルが少なく、非常に感度が高いことがその理由だろう。

エステルライン

ポリエステルライン。古くはホンテロンと呼ばれていた海水に対する比重1.40程度の水なじみのいいラインが、現代アジングの主流となりつつある。軽量リグが扱いやすくレンジを入れやすいのが特長。しかし0.3号でも1.6lb程度しかなく、強度面に不安がある。また素材同士がひっつきやすい性質上、バックラッシュしやすいという短所も。

最低限知っておきたい『アジング』用語集 キホン押さえて最初の1尾をエステル運用がベター(提供:TSURINEWSライター井上海生)

フロロカーボンライン

根ズレに強く比重も高い、フロロカーボンラインをアジングのメインラインとすることもできる。1.5~2.5lb程度が基準。感度の面では落ちる上、この細さだとある程度の数を釣ると先端が磨耗してくるので、リグとの結束部分を細かくチェックしよう。

次のページではリグや場所、時間に関する用語を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。