秋の『ショゴゲーム』開幕 投げないルアー釣り「パチ専ダート」とは?

秋の『ショゴゲーム』開幕 投げないルアー釣り「パチ専ダート」とは?

静岡エリア陸っぱりの秋の風物詩『ショゴ(カンパチ幼魚)ゲーム』。清水港周辺でのパチ専ダート釣法によるリサーチ釣行の模様をレポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

ソルトルアー ショア

清水エリアでショゴゲーム

静岡エリアのサーフや港では例年8月から秋にかけて「ショゴ」とも呼ばれる40cmクラスのカンパチがよく釣れるようになり、泳がせ釣りやルアーで狙うアングラーの姿を頻繁に見かけるようになります。

特にエサとなるベイトフィッシュが豊富な9月頃をピークに港湾部への回遊も本格化。港から手軽に強烈な引きを味わえることもあって静岡エリアで人気の釣りターゲットです。

しばらくフカセ釣りに熱中していた筆者でしたが、ホームの清水港に近い三保サーフや近隣の港でショゴが釣れているという情報を聞いて久しぶりにルアータックルを持って釣行することに。毎年楽しみにしているターゲットなので港内にも回遊があるかどうか確認したいところです。

早々にボイル発生

釣り場に到着してのんびりとタックルを準備していると海から騒がしい音が聞こえてきました。なんと目の前でショゴの群れがベイトを追いかけてボイルしているではありませんか。

秋の『ショゴゲーム』開幕 投げないルアー釣り「パチ専ダート」とは?「パチ専ダート」で攻める(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

すぐにボイルは落ち着いてしまったものの、まだ近くにいるはずなので十分チャンスがあります。

「パチ専ダート釣法」とは?

今回の釣行では港湾ショゴゲームで効果絶大の「パチ専ダート釣法」を試してみることに。パチ専ダート釣法は足元から水深がある静岡周辺の港湾の特徴を活かした釣り方です。

にわかに信じがたいかもしれませんが、キャストせずとも足元で、ルアーをボトムから一定のリズムでダートさせてくるだけでショゴがヒットしてしまいます。付近に魚がいる状況ではルアーを追いかけてくるショゴの群れが見えることもあるので視覚的にも楽しい釣り方です。

秋の『ショゴゲーム』開幕 投げないルアー釣り「パチ専ダート」とは?パチ専ダートヘッド(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

パチ専ダート釣法は通常のダート系ジグヘッドとマイクロワインド用ワームの組み合わせでも楽しめますが、地元ルアーメーカーが生産している港湾ショゴゲーム専用設計の「パチ専ダートヘッド」は約5.5gという絶妙なウエイト設定で、とても使いやすく筆者イチオシのジグヘッドです。

中層で本命ヒット

ボトムを取りルアーを誘い上げてくると、すぐに中層付近で突然強烈な衝撃が伝わると同時にドラグが勢いよく出て行きます。

ライトタックルでスリリングなやり取りが楽しめることも港湾ショゴゲームの魅力ですが、ヒットしたショゴは足元のスリットやオーバーハングへ突っ込もうとする傾向があるため、際でラインを擦られないように注意してやり取りしなくてはなりません。

魚の走りが落ち着いたタイミングで一気に浮かせて無事にキャッチ。サイズはこの時期にしてはやや大きめで丸々と肥えて美味しそうです。

ボイル狙い撃ちで追釣

しばらくすると小規模ながら再びボイルが発生したので、アンダーキャストでボイル周辺にパチ専ダートヘッドを投入します。

少し沈めてからチョンチョンと跳ね上げていくと海面付近まで数匹がチェイスの末そのままガブリ。小さくともカンパチらしい強烈なファーストランで、一気にドラグを引き出すほどのパワーに加えてスタミナもあるので油断はできません。

秋の『ショゴゲーム』開幕 投げないルアー釣り「パチ専ダート」とは?視覚的にも楽しいゲーム性がある(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

じっくり引きを味わってから一気に抜き上げて2匹目をキャッチ。こちらも丸々としたコンディション抜群のショゴです。

次のページは最終釣果&今後の展望!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。