陸っぱりでワラサ&ハマチ手中 朝マヅメのショアジギングにてヒット

陸っぱりでワラサ&ハマチ手中 朝マヅメのショアジギングにてヒット

釣友と2人で三重県・南伊勢町の陸っぱりでショアジギングを楽しんだ。この日は2匹のブリ族に出会たので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

南伊勢でショアジギング

連休にもかかわらず、お天気がご機嫌斜め。オフショア釣行を予定していたが、全てキャンセルという悲しい状況。そこで雨の合間を見て、陸っぱりパトロールに出撃した。そろそろショアジギングにもいい季節となってきており、8月13日の早朝から釣友と2人で三重県・南伊勢町方面へと車を走らせた。

この日沖に面したポイントは、波の影響で釣りにならない。そこでリアス式海岸地形の特徴ともいえる、外洋の影響を受けにくい入り江の中にあるポイントへとエントリーした。

最近の南伊勢町方面は、オフショアでは青物が好調とのことで、朝マヅメのゴールデンタイムに浅瀬へとエサを求めて接岸する個体に期待する。

当日のタックル

早速メタルジグの30gをセットし、キャストを開始する。まずは表層付近で小魚を追い回す活性の高い個体に狙いを絞り、ロッドティップでチョンチョンとアクションをつけながら泳がせていく。

陸っぱりでワラサ&ハマチ手中 朝マヅメのショアジギングにてヒットタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

夜明けごろにハマチ50cm

すると、辺りがうっすらと明るくなったその時であった。ガツンッと強烈にロッドをひったくられた。ロッドはきれいに弧を描き、青物特有の力強い引きがたまらない。

海面へと姿を現したのは、50cmクラスのハマチ。この時期のサイズとしては、まずまずの良型だ。

陸っぱりでワラサ&ハマチ手中 朝マヅメのショアジギングにてヒットジグのテールフックをくわえ込んだハマチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

次のページでいよいよ時合い突入!!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。