釣り人的「二刀流」に挑戦 泳がせ×タイラバ=『およラバ』は成立する?

釣り人的「二刀流」に挑戦 泳がせ×タイラバ=『およラバ』は成立する?

画期的な新釣法かそれともただの邪道か。泳がせ釣りとタイラバを一つのタックルに納めたリアル二刀流「およラバ」をイチ早く紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

船釣り エサ釣り

『およラバ』釣法のメリット

『およラバ』のメリットといえば、やはり「二刀流」であること。それによる釣果アップを想定してはいるが、より具体的に項目化するならば以下だとうか。

・タイラバのアピール力により、活アジへのヒット率が高くなる。
・タイラバそのものへのヒットも期待できる。
・タイラバと活アジの相乗効果によりヒット数が増える。

デメリットはある?

頭の中は成功するビジョンしかないが、ここはひとつ冷静にデメリットも考えておこう。

・タイラバに違和感を感じ本命が寄り付かない。
・タイラバの集魚効果でエサ取り魚ばかり集まってしまう。
・タイラバにフックが付いているため根掛かりのリスクが高まる。
・潮の状況によっては他の乗客とのオマツリが発生するリスクが高くなる可能性がある。
・タイラバと活アジで手前マツリが発生しやすくなり手返しが悪くなる。

同乗者に迷惑はNG

なんだかデメリットの数がメリットよりもやや多いが……?

釣り人的「二刀流」に挑戦 泳がせ×タイラバ=『およラバ』は成立する?メリットとデメリットを天秤にかけよう(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

デメリットを上回る釣果を期待することにしよう。もしも上記のようなデメリットが発生するようなら潔く撤収すべきだろう。とくに、オマツリが発生し他の釣り客に迷惑をかけるようであればすぐに中止すべきだろう。

<宮崎逝之介/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。