『前打ち』で狙うクロダイ釣り 実績場で粘り本命37cmキャッチ

『前打ち』で狙うクロダイ釣り 実績場で粘り本命37cmキャッチ

猛暑が続くなか、地元の千葉県市原市を流れる養老川へ、前打ちのクロダイに釣行した。カニエサで水深のある場所を狙い、見事本命をゲットしたのでその模様をお届けする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

養老川で前打ちクロダイ

8月13日(金)は終日曇り空。千葉県市原市を流れる養老川には、干潮時間の少し前に到着。遠くに先行者が一人、4人くらいが草刈りの作業をしていた。

『前打ち』で狙うクロダイ釣り 実績場で粘り本命37cmキャッチ養老川下流周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

前打ちタックルと釣り方

カニエサで足元から竿一本ほどのポイントを打っていく。エサが着底したらすぐに聞きアワせる。

『前打ち』で狙うクロダイ釣り 実績場で粘り本命37cmキャッチ前打ちタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

アタリがなければ仕掛けを上げ、数歩先に進んでまた落とす。私は着底後は待たないのでペースは速い。水は濁り気味だが、いい色ではない。いいときはすぐにアタリがあるのだが、この日はしばらくしても反応なし。

下げ潮の流れが速く釣りづらい。40分ほど探って、アタリがないまま実績のない場所まできた。ここで飽きっぽい私は、この先を捨てて過去に釣果のあったポイントへ一気に移動。

5回目で37cmクロダイ

ここは際から水深があり、干潮時に釣れた経験がある。3投目に反応がありアワせるが魚の重さを感じない。仕掛けを回収してエサを確認すると半分かじられていた。

ここから3回続けてアタったがダメ。魚はいると信じて、周囲を丁寧に探っていく。

5回目のアタリをアワせるとうまく決まってヒット。重量感はないが、十分引きを楽しんでタモに入れたのは37cmのクロダイ。

『前打ち』で狙うクロダイ釣り 実績場で粘り本命37cmキャッチ37cmをゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

ダメかと思っていたので嬉しい1尾。このあと、戻ることにして、先行者を追い抜き離れたところから再開。しかし、風が強くなり釣りづらくなる。おまけに光線の加減か、ミチイトがよく見えない。集中できなくなったので納竿。

なんとかオデコにならずにすんで満足。翌日からは雨の日が続いているので、しばらく釣りはお休み。天候が回復して、数日たったころが狙いめだと思うので、そのころに再チャレンジしたいと思う。

<週刊つりニュース関東版APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
市原市・養老川
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年8月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。