鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦

鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦

茨城・鹿島の幸栄丸で夜イカ釣りに出かけました。釣行当日は、雨や風、そしてウネリとなかなか過酷でしたが、イカがたくさんいることを確信した釣行となりました。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

幸栄丸で夜イカ釣り

今回の夜イカ釣りは、ライトタックルに25号前後のメタルスッテを使用するイカメタル釣法です。この日は、南風が徐々に強くなる雨予報。なかなか厳しい勝負が予想されます。

8月13日(金)、幸栄丸の集合時間の16時30分に到着。悪天候のなか、連日の好釣果の期待もあり、たくさんの釣り人が集まって3隻出し。ノーマルタックルの人と同乗する形で、メタル組はミヨシにかたまります。

鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦夜は独特の釣趣がある(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ドロッパーに3連チャン

19時ポイント到着。「はい、どうぞ~。初めは広く探ってみてください」と船長。仲乗りがパラシュートアンカーを入れたけど、すぐ回収。潮向きが悪く、「全然パラが効かない」と困った様子。

イカメタルはミチイトがまっすぐ立つ状態が一番望ましいのですが、潮が速くどんどん仕掛けが流されてしまいます。いつもはスピニングタックル派の私ですが、ウネリがひどいので、効率的にタナを広く探れるよう、今回はカウンター付きのベイトリールに、竿は先調子の湾フグ用です。

まずは基準となるタナ60mから開始。ヌケガケスッテ25号の上にワームのドロッパー(五目ジグヘッドエビタイプ)を付けてみると、ドロッパーの人に3連チャン。幸先いいスタートです。

鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦満足げな笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

25cm級ムラサキイカ連続ヒット

しかし、風雨ともに強まり、仕掛けがどんどん流されて安定しません。そこで、15号のスッテを2つ付け、シルエットを小さく抑えながら5号ぶんプラスした30号相当にして、再度チャレンジ。

このところ浅ダナでムラサキイカが釣れているようなので、水深10~20mを探ってみると、かすかに触りらしき反応はあるけど、なかなか思うように乗ってくれません。

すると船長が「ムラサキイカ、きょうは80まで落ちてるなぁ」とアナウンス。しばらくしてノーマルタックルの人に25cm級の同イカが連続ヒット。スジイカとは明らかに大きさや色が違い、青白くコロンとした体形で、なんだか貫禄を感じます。

鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦同つき仕掛けで多点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ウネリでイカは深場に集結

ウネリを嫌ってか、この日は深場にイカが集結している模様。

うまくタナまで仕掛けが届けばアタリを捉えることができるのですが、ここからオマツリが多発してしまいます。隣の人は25号スッテの上にタングステンシンカーを追加して、見事ムラサキイカをゲット。

鹿島沖の夜イカメタルでスジイカ7匹 深場に集結したイカの攻略に苦戦ライトタックル&25号のメタルスッテ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

「よし私もやってみよう!」と、準備をしていたところ、さらに風雨が強まって残念ながら早上がり。21時30分に納竿。

次のページでは釣況と釣果料理を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。