テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?

テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?

8月1日、関門海峡でマダイテンヤを楽しんできた。仕掛けを軽くキャストして中層を狙う作戦がはまり、64cmを頭に2ケタ釣果を得たので、当日の釣りを含め紹介したい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

船釣り エサ釣り

関門RYUSEIでテンヤ釣り

福岡と山口の間、本州と九州の間の関門海峡。強い流れが多くの魚とエサを運び込むため、人気の漁場である。その関門でも人気なのがマダイテンヤ。今回は関門RYUSEIさんにお世話になり、夏のマダイを狙っていく。

テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?お世話になったRYUSEI(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

当日の状況とタックル

釣行したのは8月1日、潮は小潮で干潮が8時40分。梅雨明けから長らく雨が降っていなかったが、釣行前夜は激しく降ったようで漁港内は強い濁りがはいっていた。やはり濁ると厳しくなるそうで、濁りを避けながらの釣りになる。若干暗雲が立ち込める中5時30分に出船。

テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?海は雨で強い濁り(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

タックルはPEライン0.8号を入れたエギングタックルと、PEライン0.5号のメバルタックルを流用する。メバル用ではあるがかなりハリの強いモデルなので、テンヤをしっかり操作しつつ繊細な誘いをするためのチョイス。

ポイントまでは10分程なので、すぐに最初のポイントに到着。気になっていた濁りは港を出るとある程度薄れてきた。

朝イチにマダイが連発!

朝マヅメはテンヤであっても期待の高いタイミング。水深は18mほどのポイントからスタート。真っ直ぐに落とすなら鉛の5号でも底が取れるくらいだが、キャストして斜めに引くのである程度の重さがないと底が取れない。そのためタングステンの6号を選択。

アンダーハンドで投げて30mほど飛ばし、フリーフォールさせる。その後は時折底を取りつつ、テンションフォールでふわふわと底付近を漂わせる。

そうしていると、イメージでは底から3mほど浮いているところでアクション中にガツンときた。50cmオーバーの綺麗なマダイ。朝マヅメで高活性だったのか、中層をうろうろしていたようだ。

勢いは止まらず、その後も大小入り混じりで連発。リベンジマッチの同行者にもようやく良型がきた。

テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?同行者に良型マダイ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

底物を釣らないイメージで

テンヤ釣りでの嬉しいゲストである、マゴチやカサゴ、ワニゴチ。これらは総じて底べったりに張り付いている。本命のマダイも底物に近いのだが、底よりは少し浮いた所を泳いでいる。

テンヤ釣りで64cm頭にマダイ2ケタ釣果 キャストで漂わせる釣りとは?底を釣るとヒットするマゴチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

そのため、あまりにカサゴやコチが釣れる場合は、底を意識しすぎているかもしれない。着底後は素早くアクションを入れて、仕掛けが浮いている状態をいかに維持させるかがマダイを釣る上での鍵となってくる。

次のページでは最終釣果と釣り方を考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。