相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待

解禁直後のコマセカツオ&キハダの状況を取材しに、相模湾小坪の太郎丸に乗船した。キハダこそ出なかったものの、良型のカツオが好調に釣れた当日の模様をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

太郎丸でコマセカツオ

夏到来。相模湾のコマセカツオ・キハダが1日に解禁。初日から良型カツオが多数上がり今年は好スタート。8月4日(水)、相模湾小坪の太郎丸に乗船した。

この日は集まったのはルアー1人、エサ釣り5人。全員が揃った5時半ごろに高橋良至船長の舵取りで出船。釣り場までは1時間~1時間半。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待船団が集まる(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

夏らしい快晴のなか7時に「どうぞ、20mです」と屋外の操舵室からの船長アナウンスで釣り開始。

開幕早々良型カツオゲット

「15~20mで」など反応を見ながら随時タナ指示がでて、右舷の小川さんと隣の大室さんがダブルヒット。大室さんはバラシてしまったが、小川さんはパワーファイトを制し海面まで魚を浮かせると船長がタモを持って駆けつけネットイン。4kg級の良型カツオをゲット。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待見事良型カツオ手中(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

ミヨシのルアーで狙う野村さんもヒットさせ、魚の走る方向に合わせて自ら移動して速攻パワーファイトで良型カツオを抜き上げる。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待取り込みは協力しあう(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

バラシ対策で連続キャッチ

開始から1時間。船中満遍なくヒットするが、上下左右に不規則に突っ走る魚だけに海面でのバラシが多い。「必ず強くアワせてください」と船長はアドバイス。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待しっかりとアワせる(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

8時すぎに移動。9時すぎには指示ダナも10~15mと上がって食いも上昇。左舷トモの野副寛司さんは2連続バラシ。ここで、ハリスを14号から16号に交換すると、次は連続キャッチ。「ハリスを太くしたらアワセが効くようになったみたいだ」と作戦成功。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待ハリスを変えて連発(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

「(追いアワセのように)掛けてから何度も竿を上下させてしまうとバラシやすくなるので、最初のアタリでパワーに負けないようにしっかりアワセを決めてください」と船長。バラシの多かった人には直接アドバイスする姿も。「バラシが多いな」「なかなか釣れないな」と感じたらすぐに船長に相談することを勧める。

順調に本命連打

バラシに苦戦していた大室さんも順調にアタリを出して土産を確保。「昨年この時期に来たときは厳しかったけど、今年はよさそうですね。水温も昨年は30度近く、触ってもぬるく感じましたが、きょうは多少冷たいので水温の影響もあるかもしれないですね」と昨年の忘れ物を取り返して満足そうだ。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

ルアーの野村さんはナブラを発見するとすぐにキャスティングタックルに持ち替えてキャスティングでも狙った。

相模湾コマセカツオ&キハダ開幕 良型カツオ続々でシーズン後期にも期待海面まで気が抜けない(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

「きょうはナブラが薄いですね。これで釣れればまた違った楽しみがあるのですが」と今回は不発だったものの、状況がよければ海面のルアーにアタックする様子が丸見えのエキサイティングなゲームも期待できそうなので、ルアーアングラーはキャスティングタックルもお忘れなく。(ルアー希望の場合は予約時に要確認)

次のページで当日の釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。